ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

金の価値は下がらないって本当?金投資のメリットとデメリットは?

金の価値は下がらないって本当?金投資のメリットとデメリットは?
金の価値は下がらないって本当?金投資のメリットとデメリットは?

他の投資商品と比較すると、安定性のある資産として人気が高く、リスクへの備えにもぴったりなのが金です。

とはいえ、必ずしも金の価値は下がらないというわけではありません。

では、どのようなときに価値が下がる可能性があるのでしょうか。

この記事では、金の価値が下がってしまう際の理由をはじめ、金投資のメリット・デメリット、ここ数十年の金価格の推移や現在の価値について解説します。

金の価値は下がらないとも限らない、その理由は?

金の価値は下がらないとも限らない、その理由は?

必ずしも価値が下がらないとも限らないのが金の特徴です。

その理由は以下のとおりです。

  • ・為替による影響
  • ・世界情勢による影響
  • ・原油価格とインフレの影響
  • ・需要と供給のバランス
  • ・中国やインドの経済成長

それぞれ見ていきましょう。

為替による影響

金の取引では、金相場と同時に為替相場をよく確認しながら、売るタイミングを見計らって売却を行なうのが一般的です。

この理由は、金が世界的に取引されていることと関係します。

日本では円で取引される金ですが、世界ではおもに米ドルで取引されており、世界的に安定した資産として知られています。

そのため、国内だけではなく、海外市場を含めて金の売買が行なわれています。

必然的に、ドルから円、または円からドルへと換算する際、ドル円の為替相場の影響を避けることはできません。

他の輸入品同様、円安の時期ほど買取価格が上昇する金は、反対に円高になると価格が下がります。

したがって、円高の時期は日本国内の金の価値が下がる傾向があります。

世界情勢による影響

金は高く売れるときに売却するのが鉄則で、金相場が上昇している時期は金の価値が高いといわれています。

反対に、金相場が下降している時期は、比例して金の価値も下がっています。

その理由の一つが世界情勢です。

投資家にも人気の金ですが、投資家の傾向として、経済が安定し成長期には金よりその他の投資対象を重視します。

一方、経済が失速し、さまざまなリスクを抱えている時期は、金の保有率をアップさせる投資家が世界的に増加するのが特徴です。

このように、世界情勢と金の価値は密接な関係にあり、金の価値は常に世界情勢の影響を受けているといってよいでしょう。

原油価格とインフレの影響

古くから石油価格と金の価格には相関性があり、石油価格が上昇すれば金の価格も上がるといわれてきました。

この理由は、石油も金もドル建てで取引されるため、ドルの影響を受ける傾向があるからです。

前章の世界情勢による影響とも関連しますが、テロや戦争の勃発など、世界情勢が不安定になるとドルを売り、金を購入します。

それと同時に、中東が絡んだ有事が発生している場合は、石油の安定供給に対する不安が増し、石油の価格も上昇傾向になります。

一方、ドル安の時期は、ドル建てで取引される石油は割安感が強まり、市場への不安から安全な資産として評価の高い金が買われやすくなるのが特徴です。

さらにもう一つの影響がインフレです。

金はインフレにもデフレにも強い資産といわれていますが、デフレにより不安な情勢になると安全資産として金が買われる反面、経済の加熱期とされるインフレは、金より他投資対象の動きが活発になる傾向があります。

このように、原油価格とインフレの影響は、金の価値を左右するといってもよいでしょう。

需要と供給のバランス

金以外の投資対象でもいえることですが、需要と供給のバランスは金の価値に影響をもたらします。

多くの人々が金地金や、金を使用した宝飾品を求める時期に入ると、必然的に金の価値が高まり、金の価格も上がります。

反対に、市場が金を求めていない時期に突入した際は、金の価値も価格も下降傾向にあるのが特徴です。

中国やインドの経済成長

中国とインドでは、国民性として伝統的に金を好みます。

中国でもインドでも、宝飾品によって自身を飾ることや、コインや地金バーを保有し資産を蓄えることが重視されているからです。

中国とインドが経済成長すると、金の需要が急速に高まることで、金の価値が上昇します。

反対に、この2国の経済成長の鈍化は、金の需要の減少につながるのです。

また、特に中国は人口が多いので、中国が経済成長することで金を買い求める人が増え、金の価値に大きな影響をもたらすといわれています。

金投資のメリットとデメリット

金投資のメリットとデメリット

金投資はメリットとともにデメリットがあります。

どのようなメリットとデメリットなのか、それぞれ見ていきましょう。

金投資のメリット

金投資のおもなメリットは以下の2つです。

  • ・長期的に見ると価値が下がりにくい
  • ・世界で価値が共通している

金投資のメリットとして、長期的に見た際に価値が下がりにくく、安定性のある資産であることがあげられます。

金価格が安定している要因の一つが、前述の中国とインドの経済成長による需要拡大です。

また、発行体となる国がない無国籍通貨なので、特定国の政治リスクなどに左右されることがないことも要因といわれています。

こうした要因とともに、世界で価値が共通していることも金投資のメリットです。

金投資のデメリット

一方、金投資のおもなデメリットは以下の2つです。

  • ・為替によって価格が変動する
  • ・利息や配当がない

為替による影響を解説した章でも述べましたが、為替によって金の価格は変動しやすい特性は、金投資のデメリットといえるでしょう。

株式投資などの他商品と異なり、利息や配当がないのもデメリットといえます。

これまでの金チャート

金の価格の動きを確認できる金チャートを用いて、1年・5年・1980年以降の動きをそれぞれ解説します。

1年の動き

1年の動き

ここ1年(2021年4月現在)の金チャートを確認すると、2020年7月中旬あたりまでは比較的落ち着いた動きだったのが、7月下旬から8月にかけて大幅に上昇し、以降はゆるやかに下がりつつあるものの、依然として高値傾向が続いています。

5年の動き

5年の動き

一方、5年(2021年4月現在)の金チャートで確認してみると、2019年以降、金の価格が大きく上昇していることがわかります。

前述のここ1年の動きだけで見ると、2020年8月頃をピークに、同年10月頃から落ち着きつつあるものの、5年スパンで確認してみると変わらず高値推移なのが特徴です。

1980年頃からの動き

日本国内の金小売価格に大きな影響を与えたのが、1979年から1980年にかけて発生した第二次オイルショックです。

第一次オイルショックのインフレ率が落ち着くなか、イラン革命により中東が緊張状態となり、原油が再度上昇しました。

その影響を受け、第二次オイルショックに突入。

前述のとおり、原油と金は相関性があるといわれており、1980年には高値を付けています。

以降、2019年に1980年以来の高値を記録したのが、ここ40年の金の動きの傾向です。

【現在】金の価値はどうなっている?

2021年4月現在、金の価値はどうなっているのでしょうか。

まず2021年の金の価格の動向として、年末にかけて上値を伸ばす展開が予想されています。

その理由としてあげられるのが、新型コロナウイルス感染拡大により受けた甚大なダメージからの回復を目的とした資本主義の成長や、バイデン・ワクチン相場の縮小および終了の影響、先進国の大規模な金融緩和の継続および強化などです。

実際に現時点までの5年間の金チャートを確認してみても、依然として上昇傾向にあります。

こうした背景をふまえて考えても、現在、金の価値は高まっているといえるでしょう。

バイセルならさまざまな金買取方法を選べます!

金は売ることによってまとまった金額が手にできる資産ですが、売却の際に利用するのが買取業者です。

業者の比較検討において、買取価格とともに買取エリアをチェックしておきましょう。

買取エリアは、買い取りに対応している業者によって異なるのが特徴です。

一般的には、その買取業者がどのような買取方法に対応しているかにより、買取エリアも変わってきます。

おもな金の買取方法は以下の3つです。

  • ・店舗買取
  • ・出張買取
  • ・宅配買取

最初の店舗買取は、業者の店頭へ顧客が持ち込みをすることで買い取ってもらう方法です。

店舗が営業している立地の近隣が買取エリアになるため、店舗の所在地と自宅などを行き来できる方が利用しやすくなっています。

次の出張買取は、自宅に業者の査定員が出張してくれる買取方法で、その場で査定および買い取りをしてくれます。

そのため、その買取業者が対応可能として出張サービス提供している地域が買取エリアになります。

最後の宅配買取は、買取業者に宅配便で金を発送し、査定および買い取りをしてもらう方法です。

一般的に、買取エリアは全国となっています。

発送前に、電話などで業者に宅配買取の申し込みを行ない、指定住所に品物を送ります。

このように、その買取業者がどのような買取方法で取り扱っているかにより、買取エリアが異なってくるのが特徴です。

なお、バイセルは上記の店舗買取・出張買取・宅配買取のすべてに対応しています。

宅配買取では宅配キットも用意しており、日本全国からの申し込みが可能です。

近隣に買取業者の店舗がない方や出張査定に不安を感じる方、多忙で在宅時間が少ない方などでも安心して利用することができます。

金バナー
金バナー

まとめ

今回解説したとおり、金の価値はあらゆる要因の影響を受け、下がらないとは限りません。

とはいえ、2021年4月現在、高値傾向で価値が上昇しており、金投資のチャンスといえます。

売るタイミングとしても適しているので、売却の際にはなるべく高い価格で金を買い取ってくれる買取業者に依頼するようにしましょう。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金・プラチナの種類

買取対象品目