ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

金の価値を決める「純度」って?種類や調べ方などを解説

金の価値を決める「純度」って?種類や調べ方などを解説
金の価値を決める「純度」って?種類や調べ方などを解説

老後の資産や今後の経済に対する不安が募るなか、金に注目が高まっています。

2020年、金の価格は上昇が続き、8月には日本円で1グラム7,769円という、過去最高値をつけました。

そのあとは軟調な場面を見せたものの、2021年3月には再び買い戻しの動きが活発となっています。

金には大きさ、重さのほかに純度あというものがあり、含有率によって価格も変動します。

では純度の高い金とはどのようなものか、また金の割合やその使い道なども詳しく見ていきましょう。

金の「純度」とは

純度とは金を含む割合、つまり「金の含有率」のことで、金製品を見ているとよく目にするK24、K18などが、純度を示す表示です。

混じりけなしの純度100%のものは純金と呼ばれ、K24(24金)という表示になります。

ここでは金の含有率計算方法や、金とよく似た表記の金メッキ製品について解説します。

金の含有率計算方法

K24の「K」とは「Karat=カラット=純度」を意味していて、K24(24金)を純度100%とし、24段階で純度を分けています。

つまり、100%÷24=約4.17%となり、1Kあたり約4.17%ずつ純金の配合が増減する計算です。

例えば、K18(18金)は4.17%×18K=75%で、金の含有率(純度)が75%ということになります。

ただし、実際には他の物質が微量混ざってしまうため100%表記は使用せず、純金(K24)でも99.99%表記が一般的です。

K24GPは金なの?

購入、売却の際に気を付けたいのが「GP」表記になります。

GPとはGold Plated(ゴールドプレーテッド)の略で、「金メッキ」という意味です。

例えばK24GPという表記がある場合、「24金メッキ」ということになります。

これはコーティングとして24金を使っているだけなので、純金部分は表面のみです。

金メッキは剝がれやすく、金としての価値は低くなるためご注意ください。

GFは金なの?

似たものに「GF」があります。

GFはGold Filled(ゴールドフィルド)の略で、「金張り」という意味です。

K14GFという表記がある場合、真鍮などの合金を芯として、総重量の5%以上に相当する量の14金をコーティングしたということです。

GPに比較して耐久性が高く金の輝きを長く保てるところが長所ですが、やはりコーティングという扱いのため、金としての価値はあまり高くありません。

金の純度の種類

金の純度の種類

金の純度が違うと、具体的にどのような特徴の違いがあるのでしょうか?含有率が99.9%の金から、50%以下のものまで、純度別の特徴を一部ご紹介します。

  • ・K24(24金)
  • 純度99.9%以上の金です。

    腐食やサビが生じにくく変色しにくい、最も純度の高い金といえます。

    金歯として活躍するケースもあります。

    やわらかく傷が付きやすいため、基本的にはアクセサリーではなく資産として保有するのに適しています。

  • ・K22(22金)
  • 純度91.7%の金です。

    やわらかいため万年筆のペン先に使用されることが多く、アクセサリーとしては、破損しにくいペンダントなどに使われています。

  • ・K18(18金)
  • 純度75%の金です。

    変色しにくく、耐久性も兼ね備えているため、アクセサリーとして加工されることが多くあります。

  • ・K14(14金)
  • 純度58.3%金です。

    金の含有率が低いために破損しにくくなっていますが、金特有の輝きは落ちてしまいます。

    こちらは金の含有率が低いため、変色しやすいことも特徴です。

  • ・K10(10金)
  • 純度41.6%の金です。

    硬いため変形しにくい反面、指輪などに使用した際のサイズ直しが難しいとされています。

    また金以外の金属が多く含まれているため、金属アレルギーを起こしやすい方はご注意ください。

    こちらもやはり、変色や黒ずみが起こりやすいといえます。

純金をあまり製品に使わない理由

純金をあまり製品に使わない理由

見た目も美しく資産としても価値の高い純金ですが、純金はアクセサリーなどの製品にはあまり使用されません。

その理由としては、以下が挙げられます。

傷が付く・やわらかすぎる

純金は酸化に強く、変色しにくいことがメリットです。

しかしその反面、大変やわらかく、細かい加工をすると壊れたり変形したりするおそれがあります。

また、使用中に細かな傷が付きやすいこともあり、製品としては使いづらいでしょう。

石などを付けにくい

指輪に宝石を付けたい場合など、石をツメで押さえて留める必要があります。

この「石留め」と呼ばれる作業は、デザインの流れを崩さない技が重要です。

しかし、純金ではツメの部分が変形しやすく宝石が外れやすいため、石を付けるアクセサリーには不向きだといえるでしょう。

金の純度の調べ方

金の純度はさまざまな方法で調べることができます。

専門店に持ち込んで鑑定してもらう方法もありますが、その前に自分で調べる方法をいくつかご紹介します。

刻印を確認する

金の製品には刻印が入っているものが多いため、指輪の内側や、ネックレスの留め金部分を見てみましょう。

ピアスであればポストとキャッチ近辺、ブローチは背面や針の部分に刻印してあることもあります。

コインやインゴットは、表面に刻印されていることが一般的です。

重さを調べる

金は非常に重い金属です。

純金は11.3センチ×5.2センチ、厚さ1センチの小さな延べ棒が1キロの重さです。

軽く、持ち運びが楽な金は純度を疑ったほうがよいかもしれません。

試金石を使う

金の純度を判定する道具に、試金石というものがあります。

調べたい金をこすりつけ、試金石に付いた光沢や色で判別するというものです。

ただし、試金石で金の含有率を見極めるには、ある程度の知識と経験が必要になってきます。

金の色の種類

金は純度によって色が異なり、特に色味を帯びた金はカラーゴールドと呼ばれます。

カラーゴールドの色味を左右するのは、金以外に含まれている金属の種類です。

配合されている金属が同じ場合でも、配合率の違いによって色味が変わります。

ここではカラーゴールドの代表的な色と、含まれている金属について見ていきましょう。

  • ・ゴールド
  • 純金の色になります。

    黄金色や山吹色など、華やかで典型的な金色です。

  • ・ブラックゴールド
  • 金にシルバーやプラチナ、パラジウムが配合された高価なものです。

    光沢を持った灰色や、ダークグレイのような色になります。

  • ・ホワイトゴールド
  • 金にシルバー、ニッケルやパラジウムを配合したものです。

    黄色味のあるシルバーのような色をしています。

  • ・グリーンゴールド
  • 別名「青金」「青割」と呼ばれる、金にシルバーと銅を配合したものです。

    黄緑がかった色をしています。

  • ・イエローゴールド
  • 金にシルバー、銅を配合したものです。

    はっきりとわかる濃い黄色をしています。

  • ・ピンクゴールド
  • 別名「赤割」とも呼ばれる、金にシルバー、銅を配合したものです。

    ピンクがかった色をしています。

  • ・ローズゴールド
  • ピンクゴールドよりも銅の含有率を増やすことで、赤みが濃い色になります。

まとめ

金はこれからも需要が見込まれ、無価値になることがない資産です。

金は純度によって価値が変わってくるので、お手持ちの金がどういった種類なのか調べて、金が高騰しているタイミングで売却するのもよいでしょう。

金の含有率が低い、金メッキだからといって売却を諦めてしまうのはもったいない話です。

自宅に眠っている金の売却をお考えの方は、良質な業者を選んで、一度査定してみてはいかがでしょうか。

金バナー
金バナー
お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

金・プラチナの種類

買取対象品目