ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. 定期的なPCR検査を実施しております。
  8. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  9. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  10. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ラビットは毛皮買取で高く売れる?コツや保管方法などを知りたい!

ラビットは毛皮買取で高く売れる?コツや保管方法などを知りたい!

当記事でよくある質問

  • Q
  • 20年前に買ったうさぎの毛皮コートを持っています。古くなっていますが、売ったらいくらになりますか?

  • A
  • 使用感、丈の長さなどにより買取価格が変わりますので一度拝見いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 母が若いころに着ていたラビットのコートを譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • 劣化したラビットの毛皮は抜け毛が多くなるため、保存状態が悪くならないうちに現在の価値を確かめることをおすすめします。 バイセルではラビットの毛皮製品の査定事例が多数ございますので、毛皮買取ページへお進みください。

その他、ラビットは毛皮買取で高く売れる?コツや保管方法などを詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

100種類以上あると言われる毛皮のなかでも、色や種類が豊富で、比較的安価に手に入るラビット毛皮。

みなさんの家にもラビット毛皮の製品があるかもしれません。

ラビット毛皮は、その種類によっては需要が高いものもあるため、中古品としてもまだ人気があるようです。

ここではラビット毛皮の特徴や買取相場、高く買取ってもらう方法をご紹介します。

ラビット毛皮の特徴

ラビットの毛皮は、ミンクやセーブルなどの高級毛皮よりも安価で手に入りやすいです。

また、軽量で染色が簡単なので、ニットやファーの一部として多くの服飾に使われています。

ただし、体の小さいウサギは刺し毛(表面に生える強く弾力性に富んだ毛で、体を守る役目をするもの)がやわらかく、折れたり切れたりしやすいです。

劣化したラビットの毛皮は抜け毛が多くなります。

古いラビットの正確な査定金額を知りたいならバイセルへ!

ラビットの査定金額は保存状態や種類などによって大きく異なります。

購入した当時は高値でも長い期間使っていないと、毛が抜けやすくなり、汚れが落ちにくくなります。

使っていないラビットの毛皮は、劣化しないうちに査定にお出しください。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

ラビット毛皮は中古市場でどのくらい価値があるか?

ラビットは種類によって中古市場での価値が異なります。

以下、3つのラビット毛皮の種類と中古市場での価値をご紹介します。

  • ・レッキスラビット
  • ・アンゴラ
  • ・チンチララビット

レッキスラビット

レッキスラビットの特徴は、一般的なラビットに比べて光沢があり、毛が抜けにくいです。

毛皮用に養殖されたウサギで、ウサギの中では最高級といわれています。

また、刺し毛が退化しており、刺し毛と綿毛(刺し毛の下に生えた、短くやわらかい防寒の役目をする毛)の長さが同じなので肌触りがふわふわしています。

レッキスラビットはチンチラの肌触りに似ているため、一般的なラビットよりも中古市場で需要が高いです。

オークションでは状態やブランドによって5,000円~50,000円で取引されています。

アンゴラ

セーターやコートを作るために、羊のように毛を刈り取るために改良された品種のウサギです。

保温性は羊の毛の7倍と言われています。アンゴラの毛は繊維が長く、やわらかでなめらかな風合いを持ち、豪華な雰囲気があるのでとても人気があります。

レッキスの次に高級と言われています。買取ではなかなか値段がつきにくいですが、インターネットオークションでは1,000円~3万円くらいで取引されています。

チンチララビット

ラビットの毛皮の高級品と言えばチンチララビットと言えるでしょう。

チンチララビットは、げっ歯目のチンチラとは違うので注意が必要です。

今ではアメリカを中心に養殖が行われています。

極細の綿毛が特徴で、肌触りが抜群になめらかで、最高の手触りと言われています。

インターネットオークションでは1万円~5万円で取引されています。

毛皮バナー
毛皮バナー

買取相場の高い毛皮の種類について

毛皮はその種類によって買取相場は違います。

特にセーブル、チンチラ、リンクスの毛皮は「世界三大毛皮」と呼ばれており、高値の傾向があります。

セーブル

セーブルのなかでも特に高級なロシアンセーブルは、日本名で黒テンと呼ばれるイタチ科の動物です。

ロシアンセーブルのロングコートは、高いもので20万円以上の買取相場になることもあります。

チンチラ

チンチラは、南アメリカのペルーとボリビアのアンデス山脈の最高地点が原産の動物です。

この地域にしか生息していなかったため大変貴重で、養殖が行われる以前は「幻の毛皮」と呼ばれていました。

養殖が行われるようになった現在でも貴重であることには変わりなく、ロングコートが15万円前後で買い取られる場合があります。

毛皮の役割と人気が出た理由

戦時中の防寒着などに使われていた

ラビットの毛皮は保温性に優れているため、古くから防寒具として使われてきました。

歴史は古く、20世紀以前から刈り取ったラビットの毛皮を服飾品の繊維素材として、世界各国で利用されていたようです。

例えば、アンゴラ種から取れる毛は「日本アンゴラ」という品種のウサギで、太平洋戦争や日清戦争に日本軍が防寒具として需要が定着しました。

この日本アンゴラから取れる繊維は、現代においても高級なセーターやコートなどに幅広く使われています。

他にも高級なラビット毛皮にはチンチラ種、レッキス種、日本種などがあります。

もともとは南ヨーロッパに生息していたウサギが原産でしたが、今では毛皮のために世界各国で家畜化され、飼育されています。

皇室の人が身に着けていたことにより一般層に認知度が高まる

戦後になると皇太子殿下のご成婚の際、美智子妃殿下がサファイアミンクのストールを羽織っていたことから、女性たちの間で毛皮のボアやストールが人気となりました。

しかし、一般の人々にとっては、「毛皮のコートはお金持ちや女優など特殊な人たちのもの」という意識が根強く、なかなか浸透しませんでした。

一般層も毛皮製品を買うようになった

昭和40年代半ばになると、コートとしての毛皮が少しずつ一般の人たちにも浸透し始めました。

一般層が最初に手にする毛皮として、値段が安いラビットのコートやジャケットが売れるようになりました。

日本での毛皮ファッションの流行はラビットから始まったとも言えます。

ラビット毛皮をより高く買取ってもらうためのコツとは?

たとえば、ラビット毛皮のなかでも高級品とされているチンチララビットの毛皮は、とてもデリケートであるため、マフラーなどの小物として売られていることが多くなります。

ただし、毛皮はつなぎ合わせて加工し、新たな商品に作り替えられるため、品質や保管状態がよければ、比較的よい値段で買取りしてもらえるかもしれません。

ここでは、より高く買取りをしてもらえるコツとして、毛皮を保管する際の注意点と、査定に出すときのポイントをご紹介します。

査定前にメンテンナンスを怠らない

ホコリや汚れを取ってから保管する

毛皮のコートは一度でも着用したら汚れを完全に取ってから保管しましょう。

毛皮は一回着ただけでも多くのホコリを吸い込んでしまうため、着用後は振り払うようにして軽く叩いてホコリを落とします。

ホコリをつけたままにすると、害虫がついたり抜け毛につながるため注意が必要です。

また、濡れてしまったら軽く振って水を切って、乾いたタオルで拭きとり自然に乾燥させます。

風通しの良い湿気の少ない場所に保管する

日陰で風通しがよく湿気の少ない場所を選ぶと、日焼けや害虫による毛皮のダメージを避けられます。

アイロンやスチームを当てない

アイロンやスチームを当てるのは避けましょう。

大量の水を吸った毛皮は固くなって破れてしまう場合があるからです。

毛皮は光によって変色してしまうため、保管の際には日光だけではなく蛍光灯の光も当てないようにしましょう。

このように、毛皮の正しい扱い方を心がけて状態に保つことが、査定金額を高くするコツです。

毛皮が複数ある場合はまとめて査定に出す

毛皮の商品が複数ある場合はまとめて査定に出しましょう。

もちろん1点からでも査定はしてもらえますが、複数をまとめて出すと高く査定してもらえる可能性があります。

また、毛皮を購入したときのタグがあれば一緒に持ち込むことも大切です。

毛皮以外でも、ブランド品や時計は箱や保証書、ギャランティーカードの有無により査定額が変わります。

付属品がある場合は一緒に査定に出しましょう。

おわりに

毛皮製品の管理は難しく、自宅で保管をしているとどうしても劣化してしまいます。

また、その性質上、正しく管理できたとしても着物のように代々伝えたり、一生ものとして使用したりするのは難しいものです。

もし、持っているラビット毛皮を活用しきれていないであれば、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

特にレッキスラビットやチンチララビットはよい値がつく可能性もあります。

一度買取専門業者に相談してみるのがおすすめです。


お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

毛皮の種類

買取対象品目