ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. 定期的なPCR検査を実施しております。
  8. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  9. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  10. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

ムートンの毛皮を買い取ってもらうためのコツを紹介

ムートンの毛皮を買い取ってもらうためのコツを紹介

ムートンとは羊の毛皮を指し、ふわふわとした感触や優れた保温性などが特徴です。

比較的安価で購入できるため、ムートンの毛皮を複数枚持っているという方も少なくないでしょう。

ここではムートンの特徴をはじめ、少しでも高く買い取ってもうらうための方法をご紹介します。

ムートンの買取相場

ムートンの毛皮を買い取ってもらうためのコツを紹介

ムートンの買取相場は、サイズ・品質・保存状態などにより変動しますが、概ね数千円から数万円となっており、購入価格の約10分の1程度が目安となっています。

ムートンは他の毛皮に比べて大量生産がしやすく、販売価格が安価であるため、どうしても買取価格も低く成らざるを得ない傾向が見られます。

ムートンは保温性や吸湿性などに長けており、安価で購入できるとはいえ秀逸な素材の毛皮です。

しかし、販売価格が安い分、非常に高額での買取は難しいかもしれません。

ムートンをできるだけ高額で買い取ってもらいたいとお考えであれば、「簡単にお手入れしてから買取に出す」「毛皮専門の買取業者に任せる」など、ちょっとした点に気をつけてみてください。

使わなくなったムートンの毛皮を売るならバイセルへ!

古いムートンの毛皮ってどこに買取に出そうか迷っていたら、毛皮の買取実績多数のバイセルへお売りください。

毛皮の買取実績が豊富な業者であれば、状態によっては数千円の査定金額が見込めます。

クローゼットに眠っているムートンはいくらになるか知りたい方は、バイセルへお問い合わせください。

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

ムートンを高額買取してもらうためのポイント

ムートンを高く買い取ってもらうには事前にやっておくポイントがありますので、ご紹介します。

ムートンを売る前にはお手入れを行う

ムートンを買取に出す前に、自分でできる簡単なお手入れをしておくことをおすすめします。

毛皮を外で着用すると、目に見えなくても小さな汚れやホコリなどがつき、毛皮の状態が悪くなります。

毛皮の保存状態が悪くなれば毛皮の買取価格は下がってしまいますので、できる範囲でお手入れをしましょう。

ムートンのお手入れ方法一例

・汚れがついている場合は、しっかり絞った濡れタオルを使い、軽い力で叩いて取る

・水分がついている場合は、風通しの良い日の当たらない場所で充分に干す

・毛にクセがついている場合は、軽く霧吹きをしてブラシでとかす(またはスチームアイロンを当てる)

・毛質の柔らかいブラシで撫でるようにとかし、毛並みを整える

・ハンガーなどに吊るして干し、型崩れしないようにシワを伸ばす

定期的にこれらのお手入れを行っておくことでいざ買取に出した時のマイナス評価を防ぐことに繋がります。

毛皮専門の買取業者を利用する

毛皮を売る手段には、リサイクルショップやネットオークションの利用が挙げられます。

しかし、可能な限り高い価格で買い取ってもらいたいという方には、それらの利用はおすすめできません。

リサイクルショップではマニュアルを使って簡単な項目しか査定されない可能性があり、ネットオークションでは出品した際に、毛皮の価値に見合わない価格を設定してしまう恐れがあるからです。

そのため、毛皮の専門知識を持った査定員が査定してくれ、適正な買取額をつけてくれる毛皮専門の買取業者の利用が堅実でしょう。

出張買取サービスを利用する

出張買取サービスとは、一部の買取業者が提供している買取サービスの一種です。

出張買取を利用すれば、買取業者の査定員が利用者の自宅まで訪問し、その場で査定・買取してくれます。

宅配買取のように品物を梱包して発送したり、持ち込み買取のように買取店舗まで持っていく必要がないため、出張買取は数ある買取サービスの中でも特に利便性が高いことが特徴です。

毛皮の買取を検討中であれば、出張買取サービスの利用を強くおすすめします。

ムートンの毛皮を売るならバイセルの出張買取をご利用ください!

毛皮を買取業者に持ち込む手間を省くなら、バイセルの出張買取を使えば自宅にいたまま売れて、現金に換えられます。

お電話1本で経験豊富な査定員がご自宅まで無料で訪問、ご利用に関する手数料は一切かかりませんのでお気軽にお問合せ下さい!

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する
毛皮バナー
毛皮バナー

ムートンの特徴

ムートンの毛皮を買い取ってもらうためのコツを紹介

ムートンは大人になった羊の毛皮のことで、弾力性と保温性に優れていることで有名です。

毛の密度が高くふわふわとしており、温もりを感じられる優しい肌触りなので、赤ちゃんや敏感肌の人でも安心して触れられます。

ムートンのコートやマフラーを着用すれば、寒い冬でも快適に過ごせることでしょう。

また、ムートンは水を弾く性質があるので、小雨に遭ったり飲み物をこぼした程度では汚れやシミがほとんどつきません。

さらに、ムートンは吸湿性と放湿性も有しており、コート内が湿気で蒸れる心配も不要です。

外出時にも安心して気持ちよく着用できるため、数ある毛皮の中でも高い利便性を誇ります。

コート以外にも手袋やブーツなどにも使用されているので、ムートン素材の服をいくつも持っているという方も多いでしょう。

ちなみにムートンと似た言葉にウールがありますが、ウールは羊の毛そのものを意味します。

ムートン(羊の毛皮)からウール(羊の毛)が生えている、と考えると分かりやすいですね。

ラムの特徴

ラムは生後6ヵ月から1年以内の子羊を指し、毛皮市場でもムートンと同様に人気があります。

ラムはムートンに比べて毛が波打っていたり、カールしていたりするものが多い点が特徴です。

毛皮製品としてのラムでは、主に以下の品種が人気となっています。

チベットラム

チベットラムは細長い毛束感が特徴で、毛足が長く、チリチリにカールしています。

見た目は少しゴワゴワした感じですが、寒いチベットで育ったので毛質は保温性に優れています。

チキャンラム

チキャンラムは中国産のラムで、比較的短毛です。

緩やかに波打った毛並みで、毛のボリュームが少ないので豪華さは演出しづらいですが、非常に軽く着心地は抜群でしょう。

カラクールラム

カラクールラムは産地によってペルシアンラム、アフガンカラクール、アストラカンなどとも呼ばれる、中央アジア原産のラムです。

光沢感が目を引き、ほとんどの毛皮が黒色です。

毛皮買取を謳っているリサイクルショップや買取業者であれば、ムートンもラムも買取対象としているところが大多数を占めるでしょう。

ラムはムートンよりも毛質が柔らかい場合が多く、毛皮市場での需要が高いですので、不要であれば買取に出すことをおすすめします。


お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

毛皮の種類

買取対象品目