いいもの、つづくもの、BUYSELL

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

0120-612-773

金の買取手数料の相場は?手数料がかからないお店もあるの?

金の買取手数料の相場は?手数料がかからないお店もあるの?

「持っている金を売却しようとしているけど、買取手数料が気になっている」という方もいるのではないでしょうか。

たしかに、買取手数料が高ければ高いほど、手元に返ってくるお金は少なくなってしまいます。

そこで本記事では、金の買取手数料の相場や、手数料がかからないお店があるのかどうかについてなど解説します。

記事の後半では金の買い取りに関する疑問にもお答えしていますので、ぜひ金の売却を検討中の方は参考にしてください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-612-773

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

金を買い取ってもらうには手数料がかかる

金を買い取ってもらうには、手数料がかかってしまいます。

手数料といってもその内容はお店によってそれぞれで、一般的には次のようなものが金の買取手数料として挙げられます。

  • ・精錬加工手数料
  • ・査定手数料
  • ・出張料(出張買取)
  • ・配送料(宅配買取)
  • ・振込手数料(おもに宅配買取)

査定手数料・出張料・配送料・振込手数料については、金に限らず発生することがある手数料です。

ただ、貴金属精錬加工費についてはあまり聞いたことがないかもしれません。

精錬加工手数料とは、金の純度を上げる精錬加工にともなう費用を手数料としたものです。

具体的には、金以外の成分(不純物)を取り除くための加工から生じるコストのことを言います。

実は、この精錬加工を行なうコストを買取価格に乗せなければ、買取店にとって利益が出ません。

このような背景もあり、金を買い取ってもらうには手数料がかかることが多いのです。

ただし、買い取ってくれるお店が自社で金のジュエリーなどを制作している場合には、精錬が不要だったり加工に関わるコストを安く抑えられたりするので、比較的、手数料が安い場合もあります。

金の買取手数料の相場は?

金の買取手数料の相場は?

気になる金の買取手数料相場ですが、おおよそ、買取価格の1〜2割ほどだと考えておけば大きく外れることは少ないでしょう。

先ほども紹介したように、金の買取手数料はお店によって異なります。

そのため、1〜2割のように幅が出てしまうのです。

また、実際に金を売るときには気をつけたいことがあります。

それは、お店の買取価格と買取手数料すべてを含めてお店選びをするべきということです。

例えば以下のような2店舗を考えてみましょう。

  • ・店舗A:買取価格100万円で買取手数料が10万円
  • ・店舗B:買取価格100万円で買取手数料が5万円

この場合、お得なのは買取手数料が安い店舗Bです。

しかし、次のような場合にはどうでしょうか。

  • ・店舗C:買取価格90万円で買取手数料が0万円
  • ・店舗D:買取価格100万円で買取手数料が5万円

この場合、買取手数料が高くても店舗Dのほうがお得です。

このように、買取価格と買取手数料をどちらとも考慮しながらお店選びをすることが大切だといえます。

実際に買取店舗を選ぶ際にはこれらの点に注意するとよいでしょう。

金の買取手数料がなしのお店もある?

金の買取手数料は、実際の買取価格よりも返ってくるお金が少なくなってしまうため、できれば買取手数料がないか低いお店を選びたいところです。

しかし実際、金の買取手数料がないお店はあるのでしょうか。

手数料が無料のお店もある

結論からいえば、金の買取手数料がないお店もあります。

ただし、先ほど紹介したように、手数料の内訳には精錬加工手数料や出張料、配送料などがあり、すべての手数料が無料であるお店は少ないでしょう。

例えば買取価格は高くても、出張買取または宅配買取をしてもらい、振り込みでお金を受け取る場合、これらの手数料が高くなりがちなのです。

ちなみにバイセルでは、出張料、査定料、振込手数料が無料になっています。

一部の場合を除き、査定買取価格そのままを現金で受け取ることができます。

法律として手数料は存在していない

そもそも、金の買取手数料は法律で決められたものではありません。

法律で定められた手数料とは、例えば以下のようなものです。

  • ・市区町村の役所で住民票を発行するときの手数料
  • ・粗大ごみを出すときの手数料
  • ・不動産業者を介して賃貸物件を契約したときの仲介手数料

一方で、金の買取手数料は、買取店舗独自に設定しているものです。

そのため、お店によって手数料の設定有無や金額に差が出てきます。

いずれにしても、金を売るときには買取価格だけでなく、諸費用と呼ばれる各種手数料も考慮しましょう。

金の買い取りに関する疑問

金の買い取りに関する疑問

金の買い取りに関して、傷があったり、鑑定書がなかったりなどの不安や疑問をお持ちではないでしょうか。

ここからは、金の買い取りに関するおもな疑問について解説します。

Q.鑑定書は必要なの?

結論からいえば、鑑定書がなかったとしても、それだけで買い取りを拒否されることはない場合がほとんどです。

まずは、買取店舗に問い合わせてみましょう。

買取店舗はまず査定で買取可能かどうかを判断し、そのうえで買取価格(査定価格)を出すのが基本であるため、買い取ってくれるかどうかは、問い合わせてみないとわからないというのが実情です。

鑑定書がないことについては、鑑定書は査定における「ヒント」の位置付けでしかなく、必ずしも必須であるわけではありません。

例えば金の場合、鑑定書がなくても、以下のような流れで一定の査定が可能です。

  • ・金の純度(含有率)を表す刻印(K24・K18など)を確認する
  • ・磁石を当てる(金は磁石にくっつかない性質を利用)
  • ・色味を確認する(純度の目視)
  • ・比重を確認する
  • ・試金石で確認する(メッキ品判別)

そのため、鑑定書はあるに越したことはないですが、なくても大丈夫と考えてよいでしょう。

Q.傷がついていても買い取ってもらえる?

傷があった場合でも買い取りをしてくれます。

傷がなく鑑定書がある状態が、買取価格を上げるのに有利であるのは変わりませんが、金を売る予定があるのであれば、ケースや鑑定書があれば一緒に大切に保管しておくことが大切です。

また、鑑定技術(査定技術)の高い、安心できる買取店を選ぶことも重要となってきます。

バイセルでは経験豊富なスタッフが査定させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

金を売りたいならバイセルの査定に出してみる

金の買い取りを検討されている方は、ぜひバイセルにご相談ください。

バイセルでは店舗での買い取りはもちろん、出張買取や宅配買取も行なっています。

実績豊富な査定士が金の価値を正しく見極めますので、まずはお電話でご相談ください。

お電話も24時間受け付けておりますので、忙しい方にも安心です。

また、金をなるべく早く売りたいなとお考えであれば、こちらからお問い合わせください。

バイセルでは金の買取手数料がかからない

一般的な金の買取店では売却や購入を問わず手数料を取っています。

手数料の算出方法として金の重量や本数によって決定します。

バイセルでは、この買取手数料が一切かかりません。

買取手数料がかからないので、受け取れる金額が多くなる点がメリットになります。

まとめ

金の買取に関する手数料には、精錬加工手数料や査定手数料、出張料(出張買取)、配送料(宅配買取)、振込手数料(おもに宅配買取)などがあります。

お店によってこれらの手数料の設定有無や金額はさまざまです。

買取手数料の目安相場は、買取価格のおよそ1〜2割程度だと考えておきましょう。

また、出張買取の場合は、買い取ってもらうことを検討しているお店が、お住いのエリアに対応していることが大前提です。

事前に対応エリアを確認しておきましょう。

傷があったり、鑑定書・鑑別書がなかったりしても査定することは可能ですので、このような不安があってもまずは査定に出すことがおすすめです。

ぜひ本記事を参考に、金を売るお店を賢く選び、少しでも高い金額で金を買い取ってもらいましょう。