ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

ギザ10はレア?コレクションのススメ!

ギザ10はレア?コレクションのススメ!
ギザ10買取

当記事でよくある質問

  • Q
  • 財布からギザ10が出てきました。いくらになりますか?

  • A
  • バイセルではギザ10の買取は難しい場合がございますが、昭和62年の10円玉であれば希少性も高く高価買取いたします。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父からギザ10を含むたくさんの古銭を譲り受けました。価値ってありますか?

  • A
  • バイセルではギザ10の買取は難しい場合がございますが、古銭の査定実績が多数ございます。古銭買取ページをご覧ください。

その他、ギザ10について詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

10円玉にギザギザが入っているものを発見して、少しうれしくなったことはありませんか。

その気持ちが高じてギザ10をコレクションしているという方も世の中にはいますが、ギザ10ってどれほどの価値があるのでしょうか。

今回はギザ10について、解説します。

ギザ10とは何か。

ほとんどの人は知っているかもしれませんが、ギザ10は縁がギザギザの10円玉のことです。

1951年(昭和26年)から1958年(昭和33年)にかけて製造されました。

硬貨の縁に132個の溝が彫られていて、それをギザギザと表現し「ギザ10」と呼ばれています。

このギザギザはかつて10円が高額硬貨であった名残でコイン偽造防止の目的もあったようです。

時代が流れるにつれて10円の価値も下がり、より高額な硬貨が登場したことで10円のギザギザはなくなっていったのです。

ちなみに偽造硬貨対策のため、ギザ10を受け付けない自販機も時々あるので覚えておいてください。

ギザ10の価値は?

ギザ10は普通の10円よりも珍しいですが、一体どれほどの価値があるものなのでしょうか。

昭和26年から昭和33年のたった7年の間でのみ作られていたので価値がありそうな気はしますよね。

価値は年代別で異なりますが、平均を取るとだいたい12円~15円程度がほとんどです。

一部例外として、昭和32年は約30円、昭和33年は約100円と価値が高くなっています。

これはその年代に50円や100円硬貨の製造が始まってきたことと関係しています。

硬貨は発行枚数が少なければ少ないほどレアと判断され、価値が上がります。

また状態が良好なほどさらに価値が上がるのですが、日常生活でたまたま手に入れた10円玉の状態が良好というのは、ほとんどないと言えるでしょう。

昭和26年、昭和27年のギザ10の秘密とは?

昭和26年、昭和27年のギザ10は発行枚数が多かったので価値は高くないのですが、面白い秘密があります。

平等院鳳凰堂の上にいる鳳凰の尾は他の10円では下を向いているのですが、この年代の時だけ上を向いているという話があるのです。

昭和26年、昭和27年であっても必ずしも上を向いているわけではなく、一部の硬貨のみということでよりレア度が高いです。

とても細かい所なのでよく目を凝らさないと判断がつかないのですが、このようなマニアックなポイントはマニアの心をくすぐるでしょう。

ギザ10をコレクションしてみませんか。

ギザ10は日常生活の中で自然に集めることができるものなので、その気になればコレクションしやすいものです。

現時点での相場はあまり高くないかもしれませんが、時間が経つにつれて価値は少しずつ上がっていくはずです。

特に昭和32年、昭和33年のギザ10は使用せずに、保管しておくことをおススメします。

買い物をして10円玉がたくさん出た時はギザ10が混じっていないかチェックしてみるのも面白いのではないでしょうか。

一部の10円玉の中には10,000円程度の価値がつくものもあるそうなので、興味がある方は調べてみてください。

ギザ10を大量にコレクションできたら、一度買取サービスに査定してもらうのも楽しいのではないでしょうか。


   古銭バナー
古銭バナー

古銭買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。