ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

50銭の買取価格はどのくらい?古銭買取の相場

50銭の買取価格はどのくらい?古銭買取の相場
50銭の買取価格はどのくらい?

当記事でよくある質問

  • Q
  • 50銭をはじめとした古銭コレクションを持っています。売ったらいくらになりますか?

  • A
  • まずはお持ちになっているコレクションを拝見した上でお値段をご提示させていただきます。こちらよりお問合せ下さい。

  • Q
  • 祖父の遺品から昔のお金が多数出てきて調べたら50銭という種類が多数でした。価値ってありますか?

  • A
  • 50銭にも発行年代により価値が異なりますが、コレクター需要のある50銭でしたら高値が見込めます。 バイセルでは50銭をはじめとした古銭の査定実績が多数ございます。古銭買取ページへお進みください。

その他、50銭の買取相場を詳しく知りたい方はそのまま【目次】へお進みください。

部屋の片づけをしていたら家族が集めていた見慣れないお金が。表面には「50銭」と書かれていた、なんてことはありませんか。

現在日本で流通しているお金の通貨は「円」ですが、過去には「銭」という通貨のお金が流通していました。今回は古銭のコレクションをされている方が多く持っている「50銭」について詳しく紹介していきます。

50銭の種類

50銭硬貨には硬貨と紙幣があり、本コラムをご覧の方も持っている種類があるかもしれませんね。

硬貨と紙幣は各7種類づつ発行されました。貨幣の名称と発行年を紹介します。

50銭硬貨

50銭硬貨発行年
旭日龍大型50銭銀貨明治3年
旭日龍小型50銭銀貨明治4年
龍50銭銀貨明治6年
旭日50銭銀貨明治39年
小型50銭銀貨大正11年
大型50銭黄銅貨昭和21年
小型50銭黄銅貨昭和22年

50銭紙幣

50銭紙幣発行年
明治通宝半円券明治5年
改造紙幣50銭券昭和13年
大正小額政府紙幣50銭券昭和13年
小額政府紙幣50銭券昭和13年
大正小額50銭紙幣昭和13年
小額政府紙幣50銭券昭和13年

50銭の中で買取価格が高いものは?

旭日竜50銭銀貨(大型・小型)

旭日竜50銭銀貨は大型と小型の2種類があり、大型に比べて約1ミリ程大きなサイズとなっています。

旭日50銭銀貨

1906年に発行され、刻印の形状からコレクターの間では中丸と呼ばれていました。

小型50銭銀貨

1922年に発行され、合計で1000万枚以上発行されましたが、1924年には半分以下の360万枚程度の発行数で、希少価値が高い古銭です。

大正小額50銭

1917年に発行された古銭で、それまで貨幣の素材として主流だった銀が戦争下の影響で製造できなくなり、代わりに白銅が使われました。

八咫烏50銭銀貨

50銭の中でも特に価値が高いとされ、1919年に発行された時期は銀素材の極端な材料不足から大幅に発行枚数が低下しました。古銭コレクターの中でも幻の古銭と呼ばれており、もしも買取に出されたら100万円を超える値段が付く場合もあります。

50銭の買取価格はどのくらい?古銭買取の相場まとめ

50銭はその種類によっても付けられる買取価格の幅がとても大きいことが特徴ともいえます。加えて紙幣と貨幣の価値の幅もとても大きいので、古銭の価値に詳しくないとその本当の価値を見抜くのは難しいといえますね。

発行数が少ないことに加えて現存で古銭市場に出回っている50銭の状態がいずれも少ないため、綺麗な状態であれば高値の可能性も見込めます。

バイセルは全国を対象に古銭の豊富な買取実績を持っていますので、お電話1本で経験豊富な査定員が無料出張査定にお伺いいたします!

50銭を売りたい・50銭の価値を知りたいなどご用命の際は今すぐバイセルへご相談ください!

   古銭バナー
古銭バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。