ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

高く売れるオルゴールの種類と買取相場をご紹介|こんな状態のオルゴールは買取対象?

高く売れるオルゴールの種類と買取相場をご紹介|こんな状態のオルゴールは買取対象?
こんな状態のオルゴールは買取対象?高く売れるオルゴールの種類と買取相場をご紹介

オルゴールをお持ちの方で買取に出したい人はいらっしゃいますか。

本体の部品が欠けていたり、音が鳴らないオルゴールだと買い取ってもらえるか不安ですよね。

オルゴールは状態や種類によって高く売れる可能性があります。

本記事では高く売れる傾向にある代表的なメーカーやオルゴールの特徴、オルゴールを売る際に気をつけるポイントなどをご紹介します。

オルゴールの歴史と種類

オルゴールの歴史と種類

オルゴールとは楽器の1つで、機械仕掛けで曲を演奏する精密機器です。

17世紀頃よりスイスの時計職人であるアントワーヌ・ファーブルが作り始め、18世紀末には時計の鐘の代わりに音楽を奏でる機構を考案しました。

録音技術がなかった当時、オルゴールは唯一の自動演奏装置としてあらゆる職人によって進化していきました。

蓄音機が発明されるまで世界各国で普及し、現在もわずかながら生産されています。

オルゴールは音と演奏時間が限られており、全てオルゴール用に編曲してから作成されています。

弁(音階が付けられている櫛歯)の数によって使用する音色が決まり、多いほど演奏時の音に厚みが増します。

オルゴールは、機構と音色によって以下の2種類に分けられます。

シリンダーオルゴール

シリンダーオルゴールは、曲を記録しているシリンダー(ピンが付いている筒状の金属)が回転し、振動板の弁をピンで弾くことによって繊細な音色を奏でます。

ゼンマイを動力源として用いているのもシリンダーオルゴールの特徴です。

ディスクオルゴール

19世紀末にドイツで誕生したディスクオルゴールは、ディスク(ピン、または穴が刻まれた円盤状の金属)によって、スターホイール(爪車)を回転させ、弁を弾いて楽曲を奏でます。

また、シリンダーオルゴールに比べて高音まで音域が広がり、ダイナミックな音色を奏でられます。

ディスクは大量生産が可能で急速に普及していきましたが、現在のオルゴール市場において入手困難なモデルが多く、シリンダーオルゴールに比べて高価とされています。

お持ちのオルゴールがどちらの種類かわからなければ、査定に出して確かめてみましょう。

こんな状態のオルゴールでも買取できる?

こんな状態のオルゴールでも買取できる?

オルゴールは聞きすぎると櫛歯がすり減ってしまい、経年劣化によって内部の部品に損傷を起こしてしまいます。

自宅にある使わないまましまっているオルゴールを久しぶりに出したら、劣化が進んでいるかもしれません。

お持ちのオルゴールが買い取ってもらえるか不安だと思いますが、以下の状態のオルゴールでも買い取ってもらえます。

  • ・音が鳴らなくなった、音が飛ぶ、音が二重に聞こえる
  • ・古くて汚れている
  • ・種類やメーカーが分からない

ここではオルゴールを買取に出したい人が抱える質問にお答えします。

音が鳴らなくなった、音が飛ぶ、音が二重に聞こえる

オルゴールが正常に動くかどうかは査定基準の中でも重要です。

経年劣化によって内部にゴミやカビの付着、ネジが空回り、櫛歯が折れるなどが起きると、音色が二重に聞こえたり、鳴らなくなったり、楽曲ではない音が聞こえる場合があります。

音に異変のあるオルゴールでもアンティークのインテリアとして飾るコレクターがいますので、無理にいじらずそのまま査定に出してしまいましょう。

また、買取業者の中には買取サービスと修理の両方を担っているところがあります。

「中古市場への再販前に修理をすれば直る」と買取業者が判断すれば値段がつきます。

査定前に正常に音が鳴るかを正常に動作するか確認しておきましょう。

古くて汚れている

古いオルゴールは種類によっては価値の高いアンティーク品になり得ます。

オルゴールの状態と種類によっては骨董品のコレクター需要が高く、査定金額は高値になる可能性が見込まれるでしょう。

査定では保存状態がきれいかどうかは重要な判断基準の一つです。

ですから、ホコリがかぶっていたり汚れがついていたら柔らかい布で拭いて、できる限り清潔感を保っておきましょう。

多少のキズや細かいキズなら問題ありませんが、状態が悪すぎる場合でも見合った査定金額がつくので、気にせず出してみてください。

種類やメーカーが分からない

自分で購入したのではなく、人に譲ってもらったオルゴールだとメーカーや種類まではわからないかもしれません。

保証書など製品番号がわかる書類があれば査定がスムーズにいきますが、多くの買取店ではブランド名のロゴが記されていないオルゴールではなくても、独自の特徴からメーカーがわかりますのでご安心ください。

「どこのメーカーか分からなくて気になる」という方は、査定に出して確認するを検討してみましょう。

骨董品バナー
骨董品バナー

オルゴールを売る際に気をつけるポイント

オルゴールを売る際に気をつけるポイント

オルゴールを売る際に気を付けるポイントは以下の2つです。

  • ・オークションに出品するなら落札価格の設定に注意する
  • ・オルゴールが壊れても修理には出さない

どちらも納得のいく売却をするのに必要なポイントですので、ぜひ参考にしてみてください。

オークションに出品するなら落札希望価格の設定に注意する

オークションは出品者で落札希望価格を設定できるので、査定に出すよりも高値で手放せる場合があります。

出品されているオルゴールには、出品者が以下のような説明文を書いています。

  • ・ディスクがないので音の動作確認はできていません
  • ・歯車は動きますがゼンマイの巻きがなくなると動かせません
  • ・側面に微かにキズがあります

状態が分かる写真と説明文があると安心して入札できますが、出品者がオルゴールの状態に見合った落札希望価格かどうかを判断できていない可能性があります。

もしかしたら価格を決める基準を知らずに状態が良くないオルゴールに高値をつけているかもしれません。

落札希望価格の設定はオルゴールの中古市場での価値を熟知している必要があるため、オークションに出品するよりも骨董品に詳しい専門家に見てもらうことをおすすめします。

オークションにて売却を検討するのであれば、以上のような注意点も考慮しておきましょう。

オルゴールが壊れても修理には出さない!

オルゴールが壊れていても修理には出さずにそのまま査定に出しましょう。

修理代は、弁が増えるごとに高くなります。

櫛歯の破損や折れの修復、オルゴールの調音、全体の分解掃除、ガバナの分解修理など熟練した職人の技術が必要となり、安くても3万円~高くて10万円を超えてしまいます。

オルゴールが壊れる原因は1つではない可能性があり、じっくり見なくてはならず手間がかかるのです。

修理を出すと査定金額が修理代を上回ることもありますから、壊れていても修理に出すのは避けましょう。

オルゴールが壊れているかどうかわからないのであれば、査定員に確認してもらうことをおすすめします。

高額買取が期待できるオルゴールの種類と買取相場

高額買取が期待できるオルゴールの種類と買取相場

骨董品買取ではオルゴールの買取相場はいくらくらいなのでしょうか。

ここではオルゴールで有名な以下のブランドを中心に買取相場をご紹介します。

  • ・リュージュ
  • ・シンフォニオン、ポリフォン、レジーナ
  • ・日本電産サンキョーオルゴール社

特に世界的に知名度の高いメーカーは、査定で高く評価される傾向にあります。

また、オルゴールの装飾も査定項目の一つです。

箱型のディスクオルゴールの買取相場は数十万円するものもありますが、メリーゴーランドや人形、小鳥などの細かい装飾が入っていると希少価値が上がりやすいです。

ただし、実際の査定ではご紹介する通りの買取相場ではなありませんので、参考程度と捉えてください。

現在トップクラスのオルゴールメーカー・リュージュ

スイスが誇るオルゴールの名門「リュージュ」のオルゴールは、技術の高さから買取市場で需要が高いです。

廃業したメーカーが多い中、リュージュは今でもオルゴールを生産しており、根強い人気の高さが伺えます。

オルゴールのシリーズには、毎年クリスマスに発売される「コレクターズベル」や、鳥のデザインが可愛い「シンギングバード」などが有名です。

シリンダー式オルゴールが12万円、マルケットリーゼンマイ式オルゴールが7万円、共鳴箱に入った72弁のパッヘルベルのカノンが流れるオルゴールは9万円で買い取られた事例があります。

リュージュ社の懐中時計オルゴール

需要が高いリュージュ社製のオルゴールの中でも、創業当初より製造しているオルゴール付き懐中時計は査定において高い価値をもちます。

見た目は色鮮やかでデザイン性の高い懐中時計で、アラーム時刻にオルゴールが鳴ってからくりが動く仕組みです。

時計・オルゴール・からくりという3つの機能が合わさったモデルを作るのはリュージュのみと言われ、職人の手作業で完成までに最低3ヵ月はかかるとされています。

保存状態や種類などによっては10万円~16万円で買い取られた事例があります。

シンフォニオン、ポリフォン、レジーナ

ドイツの「シンフォニオン社」と「ポリフォン社」、そしてアメリカの「レジーナ社」は、1890年代のオルゴール生産の大多数を占めていた世界3大メーカーとされています。

しかしオルゴールの衰退に伴い、3つのメーカーは廃業へと追い込まれてしまいました。

また、20世紀頃に廃業してしまった3大ディスクオルゴールメーカー「ポリフォン」「レジーナ」「シンフォニオン」のものは、希少性が高いと言われています。

メーカー名はオルゴールの価値を付けやすい指標の1つとなり、人気メーカーであるほ どコレクションとしての需要が高いため買取額も高くなる傾向にあります。

ポリフォンのコイン式ディスクオルゴールは、オークションで140万円を超える価格で落札された事例があります。

ちなみに、その他の有名なオルゴールブランドは「ポーター」のディスク型オルゴールが

40万円以上、「トーレンス」のディスク型オルゴールが5万円で買い取られた事例があります。

日本電産サンキョーオルゴール社

日本メーカーでは、「日本電産サンキョーオルゴール社」がオルゴールを生産しています。

日本電産サンキョーは1946年に創業され、1985年には自社工場に世界に例を見ないオルゴール自動組立ラインを完成させました。

一時はオルゴール世界シェアの9割以上を占めていたこともあります。

日本電産サンキョーでは、シンプルなものから、芸能人やキャラクターをモチーフにしたものまで様々な種類を取り扱っています。

日本電産サンキョーが手がけている種類の中でも「オルフェウス」は高級オルゴールとされています。

弁数は30以上で深みのある音を演奏し、複数曲演奏も可能です。

小型ゼンマイ式オルゴールが約9,000円で買い取られた事例があり、オルフェウスのオルゴールは状態や種類によっては10,000円を超えて買い取られる場合があります。

アンティークオルゴール

アンティークの定義は一般的に「100年以上前に製造された骨董品」とされています。

それほど昔のオルゴールであれば現存数が少ないため、アンティークオルゴールは骨董市場で価値が高いです。

アンティークオルゴールの中でもディスクオルゴールは、19世紀になって技術が高度化したことにより、現在でも高い評価を得ています。

お持ちのオルゴールがアンティークものかどうか、判別が付きづらいのなら査定員に見てもうことをおすすめします。

オルゴールを高く売る3つのコツ

高く売れるオルゴールとは?種類・メーカー・買取相場についてご紹介

種類によっては価値が高いとされるオルゴールを買取に出すなら、少しでも高く売りたいですよね。

オルゴールを高く売るための主な3つのコツをご紹介します。


・定期的にお手入れをしておく

・付属品を揃える

・早めに売る


詳しく説明するので、買取に出す前に実践できるものはしておくと良いでしょう。

定期的にお手入れをしておく

オルゴールは、新品同様の綺麗な状態や、年代の割に劣化が少ないものなどは買取額が高くなる傾向にあります。

さらに、買取査定時にはオルゴールの動作をチェックされることがほとんどでしょう。

故障や破損が見られる場合は、交換できるパーツが現在でも手に入るかどうかにもよって、買取価格が左右されます。

オルゴールを綺麗な状態で保っておくには、定期的なお手入れが必要です。

おすすめの保管方法は、直射日光や高温多湿の場所を避けてしまっておくことです。

ホコリなどが付いてしまったら、乾いた柔らかい布で優しく拭き取りましょう。

オルゴールは機械ものなので、少なくとも2週間に1度は音色を聞くことで、機構の劣化を防げることがあります。

定期的な手入れを怠ると、油が固まり、音が鳴らない原因にもなり得ます。

ちなみに価値が高いとされるアンティークオルゴールであれば、製造してから長年経っており経年劣化は否めないので、多少の劣化には査定評価が寛容である場合もあります。

付属品を揃える

オルゴールを買取に出す際には、お持ちの付属品を全て揃えておきましょう。

オルゴールの付属品には、箱・証明書・説明書などがあります。

次の買い手からすれば、付属品が揃っているオルゴールの方が、保管もしやすくコレクションに向いていると考えるでしょう。

そのため付属品が付いていることで、査定評価が上がり買取額が高くなる可能性があります。

入手時に揃っていた付属品は捨てずに、買取に出すまで大事に保管しておきましょう。

また、未開封の場合はパッケージを開けてしまうと価値が下がることもあるので、そのまま査定に出すのが賢明です。

早めに売る

オルゴールメーカーでは、シリーズごとに定期的に発売しているところもあります。

その場合は、新作で話題になっているモデルほど高く売れることもあるので、なるべく早めに売るのがおすすめです。

アンティークオルゴールはなどは例外ですが、長年保管しているうちに劣化してしまう可能性もあるため、思い立ったときに査定に出してみるのが良いでしょう。

買取業者の上手な選び方のポイント

高く売れるオルゴールとは?種類・メーカー・買取相場についてご紹介

実際にオルゴールを売るときに買取業者を探してみると、多くの業者が見つかり、そこから1か所に絞るのは難しいと考える方もいるでしょう。

そのような方に向けて、買取業者の上手な選び方のポイントをお教えします。

  • ・骨董を専門に扱っているかどうか
  • ・出張買取を行っているかどうか
  • ・相見積もりを取って買取額が最も高いかどうか

それでは、詳しく解説します。

骨董を専門に扱っているかどうか

骨董を専門的に扱っている買取業者には、オルゴールの専門知識と買取経験をもつ査定員が在籍しています。

骨董専門の買取業者に査定依頼をすれば、お持ちのオルゴールに適した買取額を提示してくるでしょう。

リサイクルショップや質屋などでオルゴールに詳しくない人に査定をしてもらった場合、オルゴールの価値を見誤って、買取価格を低く買いたたかれてしまうこともあり得ます。

お持ちのオルゴールの正しい価値を見定めてほしいという人は、骨董専門の買取業者に査定してもらいましょう。

出張買取を行っているかどうか

オルゴールを売る際の買取方法はいくつかありますが、中でも出張買取の利用がおすすめです。

出張買取は査定員が自宅まで来て、その場で査定・買取してくれる方法です。

利用者は、わざわざ査定のために外に出る必要がない、便利なサービスです。

さらに多くの買取業者は出張料、査定料、キャンセル料を無料にしています。

買取に出す前に把握しておくと安心ですね。

オルゴールは精密機械なので、外に持ち出した際に落としたりぶつけたりしたら、壊れて価値を下げてしまうかもしれません。

出張買取を利用すれば、自宅にいながら査定を受けられるので、そのような心配はいりません。

これらを踏まえて買取業者を選ぶときは、出張買取を行っているかどうかをポイントにしてみましょう。

相見積もりを取って買取額が最も高いかどうか

骨董専門の買取業者2、3箇所に目星を付けたら、全てに査定依頼をし、相見積もりを取りましょう。

買取業者によって査定方法や査定員の知識量、販路の多さは異なり、オルゴールの中でも買取を強化しているメーカーや種類が異なる可能性もあります。

そのため、同じオルゴールを複数箇所へ査定に出しても、業者ごとに査定額が異なることがあり得ます。

オルゴールを売る買取業者を決めるときには、お持ちのオルゴールで相見積もりを取って、最も査定額が高かったところに売るのが得策です。

バイセルで買取対象となる
骨董品の種類

バイセルでは、象牙・剥製を除く以下の骨董品を買取・査定対象としています。

骨董品の買取や処分でお困りでしたら、バイセルまでお気軽に査定をご依頼ください。

「骨董品の価値が判断できない」「買い取ってもらえるか分からない」とお悩みの場合は、査定だけでも承ります。

バイセルでは以下の骨董品を買取対象としておりますので、当てはまるものをお持ちでしたら是非ともご連絡ください!

もちろん、こちらに掲載していない骨董品でも査定させていただきます。親切・丁寧に回答いたしますので、安心してご相談ください。

※上記はあくまでも一例となります。リストに記載のない骨董品もお買取させていただける場合がございますので、詳細はお問い合わせください。

骨董品買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

骨董品の種類

買取対象品目

骨董品買取エリア