ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

蓋置きを高く買取してもらうためのポイントをご紹介!

蓋置きを高く買取してもらうためのポイントをご紹介!
蓋置きを高く買取してもらうためのポイントをご紹介!

蓋置きを買取してもらう際、どれくらいで売れるか、どのようにしたら高く売れるか、という点が気になりますよね。

本コラムでは、蓋置きの基本的な知識や有名な種類、高く買取してもらうポイントまでご紹介していきます。

蓋置きを売る前に読んでいただき、参考にしてみてください。

蓋置きとは

蓋置きとは

蓋置きとは、茶釜の蓋や柄杓の合(ごう)を載せるための茶道具です。

主な材質は竹・木地・金属・陶磁器類などがあり、その中でも竹の蓋置きは、わび茶の完成者として知られる千利休が考案したものと言われています。

また、陶磁器の種類は楽焼・小染・古銅・青磁・阿蘭陀(オランダ写し)・南京赤絵・仁清などと多岐に渡ります。

蓋置きの形状は、文鎮・筆架・墨台などの文房具や、線香立・掛物の軸・印などを模したものなど様々です。

蓋置きの種類

蓋置きの種類

蓋置きの種類は主に千利休が選んだとされる7つに分けられ、それらは「七種蓋置(しちしゅふたおき)」と総称されています。

七種蓋置は、以下の通りです。


・火舎(ほや)

・五徳(ごとく)

・三葉(みつば)

・一閑人(いっかんじん)

・栄螺(さざえ)

・三人形(みつにんぎょう)

・蟹(かに)


これらの七種蓋置が「表七種」と言われるのに対し、「裏七種」と呼ばれる7種類の蓋置きがあります。

裏七種は、以下の通りです。


・印(いん)

・惻隠(そくいん)

・太鼓(たいこ)

・輪(わ)

・井筒(いづつ)

・糸巻(いとまき)

・駅鈴(えきれい)または竹(たけ)


蓋置きの種類は、ご紹介した表七種と裏七種が有名とされていますが、その他にも多くの種類が存在しています。

蓋置の買取相場はどれくらい?

蓋置きの買取査定ポイントを押さえて高く売ろう

蓋置は竹や土などから作られるため、素材自体に価値はほとんどありません。

買取相場を左右するのは蓋置の作家や、蓋置を使った茶人などです。

作者や使い手によって蓋置の買取相場には大きな幅があります。

中でも、表千家の家元・13代千宗左(即中斎)や、裏千家の家元・14代千宗室(淡々斎)の書付や花押が入っているものは人気が高く、保存状態が良ければ10万円前後の買取相場になるものもあります。

ただし、作品や保存状態の良し悪しによっては、買取相場はこの限りでない場合があります。

上記はあくまでも目安程度と考えてください。

蓋置きの買取査定ポイントを押さえて高く売ろう

蓋置きの買取査定ポイントを押さえて高く売ろう

蓋置きの買取査定において、重要とされる項目を押さえておけば、高額買取に近づけます。

蓋置きの買取査定ポイントとともに、高く買取してもらうためのポイントをご紹介します。


・本体の状態の良し悪し

・人気の作品かどうか

・付属品の有無


それでは、詳しく解説します。

本体の状態の良し悪し

蓋置きの買取査定時に、最も重要と言われているのが「本体の状態」です。

蓋置き本体に、欠け・ヒビ・修復の跡などが見られると減点対象となります。

お持ちの蓋置きが、新品に近いような綺麗な状態で保てていたら、買取額に期待できるかもしれません。

人気の作品かどうか

蓋置きなどの骨董品は、人気の作品であるほど需要が高く、買取額も高くなりやすいです。

江戸千家お家元の川上閑雪や中里太郎左衛門などの有名作家が手掛けたものは、骨董市場にて需要があります。

また人気作品であれば「本物の証」として、書付が付いていたり花押(在判)があることがあるので、これらの有無も査定時に影響します。

付属品の有無

蓋置きには、購入時に共箱や仕覆(しふく)などの付属品が付くことがあります。

業者が買い取った蓋置きを再度販売する際、これらの付属品が付いていた方が買い手の需要も高いため、買取価格も高くなりやすい傾向にあります。

骨董品バナー
骨董品バナー

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。