ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

当社査定員の感染拡大防止対策について

  1. 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  2. 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  3. こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  4. お客様宅への移動は車を使っており、他者との接触を避けております。
  5. ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  6. ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  7. 定期的なPCR検査を実施しております。
  8. オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  9. 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  10. 社内外での会食の禁止を徹底しております。
24時間受付中・土日祝もOK 
携帯・スマホも通話料無料

0120-542-668
プライバシーマーク

茶釜の買取相場は?おすすめの買取業者と高く売るポイントをご紹介

茶釜の買取相場は?おすすめの買取業者と高く売るポイントをご紹介
茶釜の買取相場は?おすすめの買取業者と高く売るポイントをご紹介

日本の伝統文化であり、習い事としても根強い人気を誇る茶道には、さまざまな茶道具が使われます。

骨董買取市場において、茶碗に劣らぬ価値を認められているのが茶釜です。

本記事では、茶釜の種類や買取相場、高く売るポイントについてご紹介します。

おすすめの買取業者や茶釜の買取時によくある質問についても解説しますので、買取前にぜひご一読ください。

茶釜とは

茶釜とは

茶道具といえば、茶碗鉄瓶水指を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、茶釜も骨董買取市場で価値を認められています。

茶釜とは、お茶を点てるためのお湯を沸かすのに使われる釜のことです。

同じ「湯を沸かす」という用途の鉄瓶ややかんに比べて容量が大きく、代わりに注ぎ口がついていません。

したがって、茶釜からお湯を注ぐ際には柄杓を使うことになります。

茶釜は通常、釜に合わせて作られた炉(ろ)または風炉(ふろ)にかけて使われます。

炉は畳の一部を切って床下に備え付けた囲炉裏のことで、動かすことができません。

それに対して風炉は、火を入れて釜をかけることができる可動式の道具です。

茶釜は、茶道の心得がある人からだけではなく、骨董品コレクターからの人気も高いです。

骨董買取市場においても茶釜には一定の需要があり、人気の高い茶道具の1つです。

茶釜の種類

茶釜の種類

茶釜は主に以下の3種類に分けられます。


・芦屋釜
・天命釜
・京釜


それぞれの特徴と、変わり種の茶釜についてもご紹介します。

芦屋釜

芦屋釜は、現在の福岡県芦屋町周辺で作られた茶釜の総称で、日本で最も歴史ある茶釜です。

鎌倉時代初期から鋳造が始まっており、桃山時代以前に作られたものは古芦屋と呼ばれ、高い人気があります。

芦屋釜の形状は、多くが「真形釜(しんなりがま)」と呼ばれるものです。

真形釜は口が上方に向かって伸び、外側に少し開いています。

胴には持ち上げるための輪を通す穴を開けた耳があり、銅と底の繋ぎ目には板状の縁である羽(は)がついています。

鋳肌は滑らかな鯰肌(なまずはだ)で、地にヘラ押しによる文様がつけられていることが多いです。

天命釜

天命釜は、現在の栃木県佐野市周辺で作られた茶釜の総称で、芦屋釜に次いで歴史が古い茶釜です。

鎌倉時代中期ころに鋳造が始まっており、桃山時代以前に作られたものは古天命釜と呼ばれ、特に価値が高いとされます。

天命釜の形状は、腰周りが広いのに対して口は狭く立ち上がった「車軸釜」、全体にふっくらと丸い形の「丸釜」などがあります。

また、文様に重点を置く芦屋釜に対して、天命釜は無地文なのが特徴です。

鋳肌は、芦屋釜が滑らかな鯰肌であるのに対して、天命釜ではあえてごつごつとした無骨な鋳肌になるように工夫が施されています。

京釜

京釜は京都三条釜座で室町時代末期から作られている茶釜の総称で、「京作」ともいわれます。

無文で滑らかな肌の優美なものが多いですが、多様な造形や表現が特徴です。

茶人の依頼で好みの釜を製作することができ、さまざまな創意工夫が試されました。

また、芦屋釜・天命釜と異なり、作者の名前が明白なのも特徴の1つです。

釣り茶釜

釣り茶釜とは、天井から吊るす小型の茶釜を指します。

茶室では春先に炉の火を小さくし、釣り茶釜を天井から鎖で吊るして湯を沸かすことがあります。

釣り茶釜は、小型のため1度に沸かせる湯の量は少なく、鎖で吊るしているため柄杓で湯を掬うのも難しいです。

しかし、釜の揺れる様子に陽炎や風といった春の風情を重ねるという楽しみ方があります。

茶釜の買取相場

茶釜の買取相場

骨董買取市場において茶釜の需要が高く、特に現在では芦屋釜や天命釜の製造方法が不明なことから希少価値が高くなります。

ただし、これらは古い時代のもののため、買取市場に出回っているほとんどが写し物です。

状態が良い場合で、芦屋釜や天命釜の写し物は3万円前後、また釣り茶釜は3万円程度の買取相場がつくでしょう。

さらに、有名作家の作品は買取相場が高く、人間国宝・角谷一圭(かくたにいっけい 1904-1999)の作品で30万円前後、京都の大名跡・大西清右衛門(おおにしせいえもん)の作品で50万円ほどの値がつくこともあります。

ただし、これらの買取相場は、保存状態が良く付属品が揃っているなどの条件が揃った場合のものです。

実際の買取場面ではこの限りではありませんので、あくまで目安程度と捉えてください。

茶釜は骨董の買取業者に売るのがおすすめ

茶釜は骨董の買取業者に売るのがおすすめ

茶釜は、骨董品を主に取り扱っている買取業者に売るのがおすすめです。

茶釜は、本体の状態や種類、手掛けた作家などを細かく見極めて買取額を算出します。

そのため、茶釜に詳しくなければ正しい価値がわからないでしょう。

総合リサイクルショップには、そのような査定スタッフがいる可能性が低いので、価値を見誤られて低く買い取られてしまう恐れもあります。

骨董品を主に取り扱っている買取業者であれば、茶釜に関する専門知識や買取経験が豊富な査定員が在籍しています。

そのため、お持ちの茶釜がもつ正しい価値を割り出してくれるでしょう。

高く売れる茶釜の特徴

高く売れる茶釜の特徴

高く売れる茶釜には、以下のような共通の特徴があります。


・保存状態が良い
・古い時代に作られた
・有名作家の作品である
・付属品が揃っている


それでは、それぞれの特徴について解説します。

保存状態が良い

茶釜の買取において、本体の保存状態は大きく影響します。

ヒビ割れや変色、汚れなどが見られる場合は、減額となることが多いです。

とはいえ自分で修復すると、第三者の手が加えられたことになり、価値が下がってしまいます。

保存状態が良くない場合も、そのまま買取業者に見てもらうのがおすすめです。

古い時代に作られた

茶釜の中でも、古い時代に作られたものは残存数が少ないため、希少価値が高くなります。

特に桃山時代以前に作られた古芦屋や古天命釜などは、買取額も高くなる傾向にあります。

古い時代に作られた茶釜はもろくなっている可能性が高いので、取り扱いには十分注意して査定に出すようにしましょう。

有名作家の作品である

茶釜は、有名作家の作品だと買取額が上がります。

有名な茶釜作家には、大西清右衛・庄司儀兵衛・中川浄益・和田美之助らが挙げられます。

また、作家の中でも特に人間国宝に認定されている作家であれば、高額買取が期待できるでしょう。

人間国宝に認定されている茶釜作家には、角谷一圭・長野垤志(ながのてつし)・高橋敬典などが挙げられます。

作家の作品である証拠として、サインの意味をもつ書付や花押が残されていれば、より査定評価が高くなるでしょう。

共箱や共布などの付属品が揃っている

茶釜をはじめとする骨董品の買取において、付属品が揃っているほど買取額が高くなりやすいです。

茶釜の付属品には、共箱(作品を入れられる木箱)・共布(作品を包む布)・作歴(作家の経歴が記された栞)などがあります。

共箱・共布には作者の直筆サインや印などが入っていることが多いため、その作品が本物である証拠にもなります。

また、釣り茶釜の場合には、吊るすための鎖も買取対象になることがあります。

茶釜の買取を検討しているなら、付属品も大切に保管しておきましょう。

茶釜買取でよくあるQ&A

茶釜買取でよくあるQ&A

茶釜を初めて買取に出すという方は、さまざまな疑問点が思い浮かびますよね。

茶釜の買取時によくある質問をQ&A形式でご紹介するので、参考にしてみてください。

Q.どのような素材の茶釜が高く売れる?

A.茶釜は基本的に鉄で出来ていますが、特に金や銀で出来ているものが高額になりやすいです。

茶釜は重量が1kg以上にもなることがあり、その分、使われている素材の量も多いということになります。

金や銀で出来た茶釜は原料で換算するだけでも価値があるので、作家ものなどであれば、さらに高額買取が期待できるでしょう。

Q.風炉釜も一緒に買い取ってくれる?

A.骨董品を積極的に買い取っている業者であれば、風炉釜をはじめ鉄瓶水指など他の茶道具も、茶釜と一緒に見てくれます。

複数の品物は数回に分けるよりも、まとめて売った方が査定額アップとなることもあります。

.風炉釜は釜とセットで使われれるので、どちらかが自宅にあった場合は、もう片方もないかどうか確認しておくと良いでしょう。

Q.詳細がわからなくても見てくれる?

A.骨董品を主に買い取っている業者であれば、茶釜に詳しい査定員が在籍しています。

詳細がわからない茶釜でも、価値を見極めてくれるでしょう。

特に公式ホームページなどで茶釜の買取実績などを公表しているところであれば安心ですね。

Q.ヒビ割れがあっても買い取ってくれる?

A.茶釜はヒビ割れや欠けがないような、綺麗な状態であるほど高額になります。

ただし、ヒビ割れが見られる茶釜でも、買い取ってくれる業者もあります。

諦めずに買取業者に相談してみることをおすすめします。

茶釜の歴史

茶釜の歴史

茶釜はもともと中国から伝わったとされています。

日本における歴史も古く、現在の福岡県芦屋町や栃木県佐野市では、鎌倉時代にはすでに茶釜を鋳造していたという記述もあります。

芦屋町や佐野市には古来から湯釜や鍋の鋳造技術があり、その技術を基礎として、中国から伝わった茶釜も比較的容易に作ることができたようです。

茶釜は日本古来の文化や技術も取り入れながら様々に形を変え、普及していったと考えられます。

そして、茶道の中でも茶碗と並んで重要な地位を占める茶道具となりました。

一度途絶えた「芦屋釜」や、「天命釜」「京釜」をはじめ、現在でも多種多様な茶釜が作られています。

茶釜がこれほどまでの広がりを見せたのには、日本古来の文化や技術との親和性があったのかもしれません。


お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する