ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

アンティーク価値の高い懐中時計を買取に出すときのポイント

アンティーク価値の高い懐中時計を買取に出すときのポイント

懐中時計の歴史は長く、1600年代には既に使用されていたようです。

中にはデザインのユニークさや気品さからアンティーク価値のある懐中時計も存在します。

「懐中時計が壊れてしまったけど修理に出そうか迷う」「不要になったら修理をして使おうか、処分しようか」など、どうやって手放すかで悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

古い懐中時計は高値で売れる可能性があります。

本記事では懐中時計を買取に出す際に何を知っておけばいいのかポイントをご紹介します。

壊れた懐中時計は買い取ってもらえるのか?

壊れた懐中時計は買い取ってもらえるのか?

懐中時計は何十年も前に作られていたものが多く、購入してからしばらく使っていないと劣化してしまうでしょう。

懐中時計を譲ってもらった場合は、その時点で壊れているか古くなっている可能性はありますが、多くの買取店では古いもしくは壊れた懐中時計も積極的に受け付けています。

なお、どの懐中時計にもいえますが、新品に近い状態だと販売時に近い状態と見なされてさらに高くなりやすいです。

ここでは以下のようなよくある壊れた懐中時計の特徴をご紹介します。

  • ・針が動かない
  • ・時計盤のガラスが割れている
  • ・汚れ、変色、キズ、サビついている

針が動かない

部品取り(パーツ使用)として使用したり、分解して中の構造を見るのが好きな時計愛好家には需要があります。

古くて希少価値の高いブランドの懐中時計であれば、針が動かなくてもインテリアやアンティークとしての価値があるので諦めずに買取に出してみましょう。

他にも水没や落下による動作不良でも買い取ってもらえます。

部品の一部が欠けている

懐中時計のリューズなどの部品がなくなっても、ブランドや年代、保存状態などによっては高値になりやすいです。

チェーンが切れた本体だけでも、条件をクリアできれば適正価格で買い取ってもらえるでしょう。

時計盤のガラスが割れている

時計盤のガラスが割れていても懐中時計は売れます。

工房を運営する買取店であれば自社で修繕をして中古市場で再販するので、そのまま査定にお出しください。

汚れ、変色、キズ、サビついている

製造年代問わず懐中時計は古くなると、汚れやキズが付いて、変色やサビが出てくるようになります。

ですが、汚れの度合いが酷くても現在の懐中時計の価値に見合った値段をつけてくれます。

また、電池が切れたまま放置して内部機械が損傷した懐中時計でも査定可能です。

高く売れやすい懐中時計のブランドと買取相場

高く売れやすい懐中時計のブランドと買取相場

懐中時計をお持ちの方なら、どこが有名なブランドなのかを知っている人もいるでしょう。

有名ブランドでも懐中時計の種類や保存状態、製造時期などによっては、数万円から数百万円と買取相場が異なります。

また、金やプラチナが使われている場合は貴金属としての価値も反映されます。

ここでは買取で高くなりやすい一部の懐中時計のブランドをご紹介します。

参考程度にご覧ください。

ロンジン

1832年に設立されたロンジンは、名だたる時計ブランドが多いスイスの中でも特段歴史が長いです。

時計の博覧会で数々の賞を受賞し、懐中時計の種類によって裏蓋には受賞歴のマークが刻印されています。

1908年製に作られた18金の懐中時計は、800,000円で買い取られた事例があります。

ケースに18金、文字盤にダイヤモンド5石をあしらった装飾品としての価値も見込まれる時計です。

ケースの中央にはハートを彩り、ダイヤモンドが配置されています。

※上記の相場はあくまで一例です。懐中時計の状態によってご希望の金額に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

ロレックス

1905年に設立されたロレックスは、「時計の王様」と呼ばれるほど世界的に人気が高く、実物資産としての価値があることから投資として購入する人もいるくらいです。

当時、一般的だった懐中時計に創設者のハンス・ウイルスドルフは時計の将来性を見出し、完全防水や自動巻きなど、今日の腕時計に欠かせない機能をいち早く搭載しました。

ロレックスは懐中時計の種類を多様に展開しています。

1923年頃に作られた陶器製の9金の懐中時計は、2,600,000円で買い取られた事例があります。

ケース自体が表裏蓋、機械枠の3ピースになっていて、それぞれが蝶番で繋がれています。

1930年頃に作られた銀無垢の懐中時計は、720,000円で買い取られた事例があります。

銀製のケースに陶製の文字盤で、100g近くの重さのある時計です。

1940年頃に作られたチュードルとロレックスのダブルネームの時計は、780,000円で買い取られた事例があります。

文字盤にチュードルとロレックスのダブルネームになっています。

チュードルは、ロレックスと同じ部品を使いながらも高級ブランドよりも手頃な価格で手に入る時計ブランドです。

※上記の買取実績はあくまで一例です。懐中時計の状態によってご希望の金額に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

オメガ

オメガは、1848年にスイスで設立された時計ブランドです。

今となってはスピードマスターやシーマスターなどブランドを代表するラインナップがあり、「高級時計を初めて買うならオメガ」というイメージがあります。

ですが、オメガはアンティーク時計としても人気が根強いです。

1931年製の14金懐中時計は600,000円ほど、1941年製のバラ色の銀製の懐中時計は200,000円で買い取られた事例があります。

1941年製の懐中時計には、縁の部分にローズゴールドを彩ったケースが魅力です。

懐中時計を多く製造していた時代のオメガに用いられた、メインの文字盤の中に小さな文字盤があるのも特徴的です。

※上記の買取実績はあくまで一例です。懐中時計の状態によってご希望の金額に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

セイコー

世界で初めてクオーツ時計を発売した国内ブランドのセイコーも見逃せません。

品質の高さはもちろん、海外ブランドの時計と比べて値段がリーズナブルな傾向にあります。

セイコーの懐中時計は「鉄道時計」と呼ばれており、鉄道の正式な発着時間を支えるために現在も使われています。

1929年から19型セイコーシャが誕生し、今日まで仕様を変更しながら生産を続けています。

時計愛好家以外にも鉄道ファンがコレクション目的で手に入れたくなるほどといわれており、中古市場では活発に取引されています。

手巻の「奉局 6476」と南満州鉄道のマークが刻印された懐中時計は54,000円、「シチズンエース 鹿 SS」は23,000円で買い取られた事例があります。

「奉局 6476」は戦時中から戦後まもなくの間に南満州鉄道の職員が使っていました。

国鉄時代の鉄道時計には国鉄のロゴが裏に入っており、実際に使われていたとして査定で価値が上がりやすいです。

※上記の買取実績はあくまで一例です。懐中時計の状態によってご希望の金額に添えない場合もございます。あらかじめご了承ください。

懐中時計の買取実績をご紹介

バイセルの経験豊富な査定員が、大切な懐中時計を丁寧に査定させていただきます。懐中時計の高額買取に自信があるバイセルまで、是非ともお問合せお待ちしております。

買取日買取品名買取価格
2019/07/09懐中時計250,000円
2021/06/15懐中時計201,350円
2020/11/17懐中時計180,000円
2019/11/20懐中時計180,000円
2021/02/28懐中時計115,000円
2021/02/28懐中時計70,000円
2020/10/23懐中時計70,000円
2021/05/08懐中時計60,000円
2020/07/01懐中時計60,000円
2019/10/09懐中時計60,000円
2019/07/12懐中時計60,000円
2020/09/04懐中時計56,000円
2021/05/10懐中時計50,000円

※上記実績は一例です。お品物の種類や状態によってはお値段をつけることが難しい場合もございます。あらかじめご了承ください。

まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

懐中時計を買取に出す際の注意点

懐中時計を買取に出す際の注意点

懐中時計は高級ブランドが多数ありますから、買取に出して損したくないですよね。

ここでは後悔しないように事前に知っておきたい注意点があります。

  • ・ノーブランド品の買取は査定金額がつかない場合がある
  • ・模倣品は買い取ってもらえない

ノーブランド品の買取は査定金額がつかない場合がある

ノーブランド品はロレックス、オメガ、カルティエなどの高級ブランド時計よりかなり金額が下がってしまう可能性が大きいです。

販売価格が10万円くらいのノーブランドの時計もありますが、査定時に壊れていると値段がつかない場合があります。

ノーブランドの時計は販売価格が安いので、修理して再販しても買い手がつきにくいからです。

ただし、高級時計よりは安くても数千円程の値段はつくものもあるので査定に出すことをおすすめします。

模倣品は買い取ってもらえない

模倣品は全ての買取店で一切買い取ってもらえません。

ロレックス、プレゲパテック・フィリップなどの高級時計は、本物よりも模倣品の方が多く出回っています。

作り込まれた模倣品の時計は、使っている本人でも模倣品だとわからない場合があります。

全ての買取店は、中古市場で模倣品を再販しないよう慎重に査定をしています。

なお、古い時代に作られた懐中時計は腕時計に改造したり、時計盤を二回り大きくしたりなど本物と比べるとわかりやすい場合もあります。

使わなくなった懐中時計を少しでも高く売る方法

使わなくなった懐中時計を少しでも高く売る方法

使わなくなった懐中時計を少しでも高く売る方法は以下があります。

  • ・電池交換や修理せずにそのまま査定へ!
  • ・付属品は本体と一緒に出す
  • ・手入れをしてきれいな状態を保つ
  • ・売るタイミングを見極める

それでは詳しくご紹介します。

電池交換や修理せずにそのまま査定へ!

ほとんどの買取店は、電池交換や修理をしていない懐中時計を受け付けています。

「査定に出す前に修理をした方が状態が良くなって金額が高くなる」と期待しそうですが、経年劣化した懐中時計は修理の手間がかかる分、料金が跳ね上がります。

さらに、古い懐中時計は部品がなく、作られた当時の色味を再現できないなどの問題が生じます。

修理中に損傷するリスクもゼロではありません。

作られた当時と状態があまりに違い過ぎると査定金額が低くなる可能性があります。

部品がない、壊れている懐中時計も高値で売れる場合があるのでそのまま査定に出しましょう。

付属品は本体と一緒に出す

懐中時計に外箱、内箱、保証書、ギャランティカードなどがあれば本体と一緒に査定に出しましょう。

付属品があるとその分、査定金額に加算されます。

昔に手に入れた懐中時計だと付属品がないことがありますが、なくてもアンティーク価値はあるのでそのまま査定に出しましょう。

手入れをしてきれいな状態を保つ

きれいな状態だと査定金額が上がりやすくなりますので、査定前に手入れをしておいてください。

特に、懐中時計にホコリが入ると故障する原因になります。

蓋つきの懐中時計は、蓋と本体をつなぐ蝶番(ちょうばん)や蓋を留める部分からホコリが入りやすいです。

肌に触れる裏蓋、バンド、チェーン、つまみには皮脂と汗がつきやすいので、乾いた柔らかい布で拭き取ってください。

裏蓋周辺、つまみ、凸凹がある懐中時計は柔らかい歯ブラシを使って汚れを落とします。

ただし、懐中時計を水につけると防水性能を低下させてしまいます。

シンナーやアルコールなどで洗うと、時計が変色・変質する恐れがあるので避けてください。

売るタイミングを見極める

懐中時計は古い時代に作られたものというイメージがありますが、現在も新しいモデルは生産されています。

新しいモデルが出ると人気のないモデルの査定金額は下がる場合があります。

ブランド時計は、クリスマスのプレゼントやボーナス後などよって中古市場での需要度が高まりやすいです。

売るタイミングで困ったら、買取業者に無料で見積もりをしてもらって一番高値で売れる業者に任せるのも手です。

高級ブランド、ビンテージ時計の買取はバイセルへ!

バイセルは懐中時計のみならず、高級ブランド、ビンテージ、ノーブランド品を多数買い取っています。

時計の買取実績が豊富な査定員がそろっているので、保存状態、種類、中古市場での価値を考慮して値付けをしてくれます。

不当に低い金額をつけることはしません。

また、時計買取専門店が近くにない方はバイセルの出張買取がおすすめです。

出張買取は自宅に無料で査定員が訪問し、査定金額に納得したらその場で現金をもらえます。

自宅で予約から査定までを一気通貫でできるところが魅力です。

近くに良さそうな買取店がなければ、バイセルの出張買取を検討してみてはいかがでしょうか。

骨董品買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。

時計バナー
時計バナー

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

骨董品の種類

買取対象品目

骨董品買取エリア