ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

香木の買取価格を決めるポイントは?買取業者の決め方や高額買取のコツを解説!

香木の買取価格を決めるポイントは?買取業者の決め方や高額買取のコツを解説!

香木(こうぼく)は、古くから芳香を楽しむのに用いられ、多くの人たちに愛されてきました。

本記事では香木の種類、香木の買取価格が決まるポイントをご紹介します。

香木を賢く売れる買取業者と買取方法や高額買取のコツ、香木買取で気になる質問についても解説しますので、香木を買取に出す際に目を通していただければ幸いです。

香木とは

香木とは

香木とは、良い香りをもつ木材を指します。

一般的には細かく削ったものを加熱し、芳香を楽しむのに用いられます。

香木に関する最も古い記録は、推古天皇3年(西暦595年)に淡路島に香木が漂着したこととして残っています。

漂着した木片を木にくべると良い香りがしたため、その香木を朝廷に献上したという説があります。

その後、香木の香りを楽しむ「香道」という貴族文化が盛んとなり、徐々に庶民にも愛好されるようになりました。

今や香道は日本独自の伝統文化であり、国際的にも注目を集めています。

香木の種類は伽羅・沈香・白檀

香木の種類は伽羅・沈香・白檀

香木の種類は多岐に渡りますが、主に「香木」と言うと、沈香(じんこう)・伽羅(きゃら)・白檀(びゃくだん)の3種を指します。

それぞれの特徴をご紹介しますが、香木の種類の見分け方は、素人では難しいことが多いです。

そもそも手元にある「木」が「香木なのかどうか」見分けることも難しい場合がほとんどでしょう。

種類・真贋が不明な香木は、買取経験が豊富なバイセルの査定員にお見せください。

骨董品バナー
骨董品バナー

沈香

沈香はジンチョウゲ科の樹木で、ダメージを受けることで樹脂が分泌された部分を指す良質な香材です。

沈香の原木は軽いですが、樹脂が蓄積されることで水に沈むほど重くなるため「沈水香木」と呼ばれているのが名称の由来です。

また、そのままでは香らないのですが、加熱すると独特な香りを発します。

沈香の主な原産地は、ベトナム、カンボジア、インドネシアなどがあります。

伽羅

伽羅は沈香の1種で、その中でも特に上質な香材です。

一般的な沈香に比べ、鎮静効果に優れた格別な芳香が特徴です。

伽羅は油分が多く、色の濃いものが多いので、サンスクリット語(梵語)で「カーラーグル(黒沈香)」と呼ばれていたのが名称の由来という説があります。

伽羅は、ベトナムのごく一部でしか産出されないため、香木の中で最も希少性が高いとされています。

白檀

白檀はビャクダン科の樹木で、最も香りが強いとされる幹の中心部分(芯)を削り出して使用されます。

そのままでも爽やかな甘い香りがするので、焼香以外にも、扇子・数珠・防虫などに用いられます。

インドやインドネシアで多く産出され、特にインド南部産のものが最上品と言われています。

その他の種類

香木の中でも沈香の種類は多いとされていて、「六国五味(りっこくごみ)」という分類方法があります。

「六国(りっこく)」は沈香を、含有樹脂の質と量によって分けた以下の6種類です。

それぞれの種類の名称は産地が由来していますが、その産地にも諸説あるようです。

種類産地
伽羅ベトナムのごく限られた地域
羅国(らこく)タイ
真南蛮(まなばん)主にベトナム
真那賀(まなか)マラッカ
寸門陀羅(すもたら)スマトラ島
佐曽羅(さそら)マラッカ

さらに、沈香の香りを味に例えて「甘」「辛」「酸」「苦」「鹹(しおからい)」の5種類に分けられ、これらを「五味(ごみ)」と呼びます。

香木の買取価格を決めるポイント

香木の買取価格を決めるポイント

香木を実際に買取に出す際に、どのようにして買取価格が算出されるのでしょうか。

希少性が高いとされる伽羅であれば、沈香・白檀に比べて買取額が高くなりやすいですが、それ以外にも買取価格を決めるポイントがあります。

素人目では見分けづらい点も多いですが、香木買取においての主な鑑定ポイントは以下の通りです。

・樹脂の密度と香りはどうか
・重量・色はどうか
・有名作家ものかどうか

バイセルでは、これらの査定評価が高い香木であれば、6万円前後の買取額がついた事例もあります。

ただし、この買取額は香木により大きく異なりますので、参考として留めておいてください。

それでは、それぞれのポイントについて詳しく解説します。

樹脂の密度と香りはどうか

香木の香りは、倒れてしまった木などが腐るのを防ぐために出す樹脂によって作られます。

この樹脂が長い間熟成され出来ると言われているため、樹脂の密度が高いほど香り高くなります。

香木は、一般的に香り高いほど買取価格も高くなります。

年月が経ってしまうと、場合によっては多少樹脂が抜けてしまって、減額のポイントとなるために注意が必要です。

重量・色はどうか

基本的に香木の買取相場は、金の買取相場と仕組みが似ており、グラム単位で大体の買取相場が決まります。

上質な伽羅であれば、1グラム=1万円以上という単価もあり得るため、重量が大きいほど買取額が期待できると言えるでしょう。

また、香木の色も買取価格に大きく影響してきます。

沈香の場合、数十年、数百年かけて樹脂の成分が黒く変質していったものが上質な香木と言われています。

そのため、沈香は黒色が濃いほど査定評価が上がる傾向にあります。

有名作家ものかどうか

香木の中でも有名作家が手掛けた作品であれば、高額買取が狙いやすいと言えます。

特に白檀は加熱しなくても香りがするため、仏具・置物など様々なものに加工されているので、作家ものが多いでしょう。

お持ちの作品が、作家ものかどうか分からない場合は、買取業者に相談してみるのがおすすめです。

本物と偽物の香木の見分け方

偽物の香木は中古市場に多数出回っているのはご存知でしょうか。

香木はインテリアとしてだけではなく、加工して数珠などにも用いられており、偽物の加工品が多数あります。

香木を購入した・譲ってもらった人のうち、本物と偽物は何が違うのか気になりますよね。

ここでは偽物の特徴と見分け方、見分け方がわからないときの対処法をご紹介します。

偽物の特徴

偽物の特徴には大きく分けて4つあります。

  • ・販売価格が安すぎる
  • ・常温でも強く香る
  • ・表面だけ香る
  • ・光沢感が目立つ
  • ・香木の中に砂を入れている

香木はワシントン条約によって輸出入の規制対象です。

希少性の高さから販売価格が高騰しているため、店頭で極端に安く売られていることはほとんどないでしょう。

本物の沈香の香りは常温だと薄いですが、加熱後に強まります。

さらに、木を削っても強く香る特性もあります。

しかし、偽物は常温でも香りが強く、沈香にならなかった木の一部から抽出したオイルを表面に塗っているものがあります。

所有してから数年経つと香りが消えてしまい、油っぽさが残って光沢感が目立ってしまいます。

また、見た目は本物でも、中が空洞になっている品質の低い香木に砂を入れて重さを偽っている香木があります。

香木の重さは価値を決めるポイントの一つなので、グラムが重いほど値段が高い傾向にあります。

このように、偽物の多くは国内にあるオークションサイト以外にも、海外のお土産屋さんなどでも売られており、旅行の記念に購入した香木が偽物の可能性はゼロではありません。

本物の香木はお香を扱っている店舗や香木の専門店、仏具屋と販売場所が限定されています。

「何年も前に購入したから場所を覚えていない」「人に譲ってもらったので相手がどうやって手に入れたかわからない」など、入手ルートや偽物かどうかが不安な人は骨董品に詳しい買取業者に見てもらいましょう。

香木を賢く売れる買取業者と買取方法

香木を賢く売れる買取業者と買取方法

日頃から骨董品の買取を利用しない人は、香木を賢く売るために何に気を付ければいいのか分からないですよね。

香木を賢く売れる買取業者と買取方法を伝授します。

骨董専門の買取業者を利用する

香木は長い歴史の中で価値の付け方が多様化し、鑑定する項目も様々なので、素人の判断では難しいとされています。

リサイクルショップなどの総合的な買取店では、香木に詳しい査定員がいる可能性が低いです。

そのため、価値を見誤られ、低く買いたたかれてしまうかもしれません。

骨董専門の買取業者であれば、香木の専門知識や買取経験をもつ査定員が多くいるため、お持ちの香木の正しい買取額を算出してくれるでしょう。

香木を少しでも高く売りたいと考える方には、骨董専門の買取業者の利用が最もおすすめです。

骨董品バナー
骨董品バナー
 

出張買取サービスを利用する

香木を売るなら骨董専門の買取業者の利用が適していますが、中でも出張買取サービスを行っている業者がおすすめです。

出張買取とは、査定員が自宅まで来てくれ、その場で査定・買取してくれる買取方法です。

大手の買取業者であれば、行っていることが多いです。

出張買取を利用すれば、香木を買取店まで持ち込んだり、宅配キットに梱包して業者へ送るなどの時間や手間がかかりません。

査定依頼をして、あとは香木を用意して自宅で待つだけなので、有効的に時間を使って買取に出せます。

香木を高額買取してもらうコツ

香木を高額買取してもらうコツ

香木は作品によってはとても価値が高い骨董品なので、せっかく売るなら少しでも高く売りたいですよね。

香木を高額買取してもらうコツを3つご紹介します。

・付属品を揃えておく
・なるべく早く売る
・相見積もりを取る

それでは、それぞれ詳しく解説します。

付属品を揃えておく

香木を査定に出す際には、購入時に付いていた付属品を揃えておきましょう。

香木の付属品には、箱や土台、説明書などが挙げられます。

これらの付属品が揃っているほど、香木コレクターからの需要も高くなるので、買取額がアップしやすいです。

香木の付属品は、本体を買取に出すまで大事に保管しておきましょう。

なるべく早く売る

香木の買取を検討している方は、なるべく早めに買取に出すことをおすすめします。

香木はたとえ大切に保管しておいたとしても、制作時より長期間経つと、経年劣化が否めません。

香木の状態が悪化すると買取評価も下がってしまうので、早めに査定に出せば、現在の状態で評価してもらえます。

一度、今の状態の香木がいくらになるか知るという意味でも、まず査定に出してみると良いでしょう。

相見積もりを取る

香木に限らず全ての骨董品にも当てはまりますが、買取は最初に査定依頼をした業者に決めないほうが賢明です。

なぜなら、候補に挙げていたほかの業者のが高く買い取ってくれたかもしれないためです。

そこで、気になる買取業者2、3箇所で鑑定を依頼して相見積もりを取れば、実際の査定額を比べることができます。

最終的に最も高い査定額を提示してくれた業者に買取を依頼すれば、後悔することもなく、納得のいく買取になるでしょう。

香木買取で気になる質問まとめ

香木買取で気になる質問まとめ

香木を初めて買取に出す方であれば、気になる点や疑問点が生まれるでしょう。

香木買取で気になる質問を挙げながらお答えしますので、解決しながら買取に望みましょう。

Q.香木が割れたり欠けたりしていますが、査定対象になりますか?

A.あまりにも割れ欠けが激しい香木の場合は、買取額に影響が出たり、買取不可となる恐れもあります。

しかし、そのような香木でも、ほとんどの買取業者で査定してもらえるでしょう。

諦めずに査定を申し込むことをおすすめします。

Q.本物の香木か不明ですが、鑑定してもらえますか?

A.骨董専門の買取業者であれば、香木の専門知識を有する査定員がいるため、本物かどうか、本物であればどのような香木かを見極めることができるでしょう。

本物の香木かどうか不明であっても、一度査定に出してみましょう。

Q.汚れやシミがありますが、買い取ってもらえますか?

A.香木は、汚れやシミが見られるものであっても、価値が高い種類であれば買い取ってくれることがあります。

思わぬ価値を秘めていることがあるので、まずは査定に出すと良いでしょう。

骨董品バナー
骨董品バナー

お気軽にご連絡ください!

お申込み・ご相談はコチラ

0120-542-668
  • 無料Web問合せ

    メールで無料相談
  • チャットで無料相談

    チャットを開始する

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

買取対象品目

骨董品買取エリア