ウイルス対策強化中。査定員はマスク着用・手指消毒・体温測定など対策を徹底しています。対策について

新型コロナウイルス
感染拡大にともなう
当社の対応に関するお知らせ

当社では、新型コロナウイルスの感染拡大を防止し、新しい生活様式を支援するために社内の安全対策を行っております。
対策・対応の詳細につきましては、下記のお知らせをご覧ください。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

  • 毎朝の検温と報告を徹底しております。
  • 検温により発熱が確認できた場合や、風邪などの症状がある場合は出社禁止としております。
  • こまめな手洗いうがいを徹底しております。
  • ご訪問時はマスクの着用を徹底しております。
  • ご訪問前のアルコールによる手指の消毒を徹底しております。
  • オフィスにおいては「3密」を避けるため、距離を離しての会話、定期的な換気を徹底しております。
  • 勤務以外での不要不急の外出自粛を徹底しております。
  • 社内外での会食の禁止を徹底しております。

当社査定員の
感染拡大防止対策について

お客様および全国店舗スタッフの安全確保を第一とするため、店舗スタッフは出勤前の検温、開店前の体調確認を行い、手洗い、手指消毒、うがいおよび相談スペースの除菌を徹底し、マスクを着用してお客様をお迎えいたします。

また、お客様に安心してご相談いただくために下記の取組みをしております。
※店舗・地域により一部異なる場合がございます。

  • 出入口扉や窓を開放し、換気を促進しています。
  • 飛沫感染を防ぐため、相談ブースにアクリル板の仕切りを設置しています。
  • ドアノブや査定ブース、イス等は定期的に消毒を実施しています。

バイセル店舗へご来店いただく
お客様へのお願い

バイセル各店舗にご来店いただくお客様につきましては、感染防止のため以下のお願いをさせていただいております。

  • マスクの着用でのご来店をお願いいたします。
  • 体温が37.5℃以上のお客さまや体調のすぐれないお客さまについては、入店をお断りさせていただく場合がございます。また、ご希望により次回のご予約を承ります。
  • 入店時に手指の消毒をお願いいたします。
  • 最少人数でのご来店をお願いいたします。

店舗の営業状況について

地域の感染拡大状況に応じて営業時間を短縮する場合があります。
各店舗の営業状況に関しましては、各店舗ページをご確認くださいますようお願い申し上げます。

漆器の買取相場は?高く売れる漆器の特徴や買取のコツも解説

漆器の買取相場は?高く売れる漆器の特徴や買取のコツも解説
漆器の買取相場は?高く売れる漆器の特徴や買取のコツも解説

和食器には素朴な味わいが人気の陶器や鮮やかに絵付けされた磁器などもありますが、多彩な装飾技法による美しいデザインで愛されている漆器も外すことはできません。

有名産地で生産される伝統工芸品などを中心に人気を集めている漆器は骨董品買取市場でも人気が高く、非常に高い価格で取引される場合もあります。

漆器の特徴・種類といった基礎知識に加え、買取相場、高く売れやすい漆器の特徴、買取業者選びのコツ、高く売るためのポイントなどをご紹介します。

漆器の価値

漆器の価値

漆器は、漆(うるし)を塗り重ねて作る日本の伝統工芸品で、紙や木からできているものが多いです。

食器や根付などがあり、安価で手に入るものから高級品までと種類は様々です。

漆器を作り上げるためには漆塗り・漆液の採取・木地作りなど、それぞれの技法が必要であり、工程ごとに職人が配置されています。

しかし、現在では漆に関わる職人が減少してきており、希少な存在となっています。

そのため、漆器は骨董買取市場でも需要が高く、種類によっては高額買取が望めるでしょう。

高額買取されやすい漆器の種類

高額買取されやすい漆器の種類

漆器は使う目的(用途)、施されている特殊技術(技法)などによって様々な種類に分類されます。

ここでは、用途別・技法別にそれぞれ高く買取されやすい種類をご紹介します。

もしお持ちの漆器の中に該当するものがあれば、1度試しに査定に出して価値を確かめてみると良いかもしれません。

どんな用途の漆器が高く売れやすい?

「何に使うものか」という観点で漆器を分類した場合、高く買取されやすいのはどのような種類のものでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

香合(こうごう)

香合は茶道具の一種であり、また仏具の一種でもあります。

漆器の中では、国内外問わず需要の大きい商品カテゴリーです。

香合の有名作家・作品には、篠原如雪の「茄子」「団栗(どんぐり)」、篠原傑の「蛍」などがあります。

形状や作家にもよりますが、蒔絵(金粉・銀粉などで表面に絵模様をつける装飾技法)のデザインが美しい香合には数十万円の買取価格が提示されることもあります。

お椀

お椀は日本三大漆器の「会津漆器」「山中漆器」「紀州漆器」の作品であれば、買取市場で価値が高いため10万円を超える額で買取が行われることもあります。

ただし食器という性質上、使用済みのものは買取額が下がるなどと、状態によって相場の幅が広いという点に注意が必要です。

香合の有名作家・作品には、鶴田明子の平文椀「赤い花」、人間国宝でもある室瀬和美の「ちょもらんま」などがあります。

また、蔵や倉庫で見つけたお椀でも、丁寧に保管されてきたものであれば思わぬ高額買取となることもあるので買取業者に見てもらうことをおすすめします。

簪(かんざし)と櫛(くし)

簪や櫛は和装をより一層、魅力的に引き立ててくれる装飾品です。

蒔絵の美しい作品であれば、数万円ほどの買取価格が付くケースも少なくありません。

漆塗りの簪や櫛を手掛けているのは、150年の歴史をもつ老舗メーカー「かづら清」などがあります。

簪や櫛を買取に出す際には、骨董品や和装小物をメインに買取を行っている業者に依頼すると、価値を見逃されることはないでしょう。

棗(なつめ)

「棗」は抹茶を保管するための茶道具の一種で、大きさによって大棗・中棗・小棗の3つに分けられます。

植物のナツメの実に形が似ていることから、その名が付いたと言われており、可愛らしいフォルムが人気の骨董アイテムです。

特に松田権六・田辰秋などの有名な棗作家や、田村一舟など有名蒔絵師の蒔絵が入った棗は高い買取価格が期待できるでしょう。

さらに棗は、海外からの需要が高まっていることもあり、無銘の作品でも形状やデザインが優れているものに高値が付く傾向があります。

どんな技法が使われた漆器が高く売れやすい?

「どのような技術が施されているか」という観点で漆器を分類した場合、高く買取されやすいのはどのような種類のものでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

蒔絵(まきえ)

「蒔絵」とは漆製品に金粉や銀粉を蒔いて文様を表す技法で、日本で独自に発達した代表的な技法と言えます。

まず筆を使って塗面に漆で絵を描き、その上から金や銀の粉を蒔きつけて模様を表していくという表現方法です。

蒔絵にも研出蒔絵(とぎだしまきえ)・平蒔絵(ひらまきえ)・高蒔絵(たかまきえ)といった分類があるのですが、中でも買取市場での人気が高く、最も高く買取されやすいのは「高蒔絵」です。

高蒔絵では、文様の部分を漆・錆漆・炭粉(すみこ)などで盛り上げてから金や銀の粉を蒔くため、文様が高く盛り上がるのが特徴です。

堆朱(ついしゅ)

「堆朱」とは、朱漆(しゅうるし)を何度も塗り重ねて厚くし、それに模様を彫刻する技法のことです。

彫漆(ちょうしつ:器物の表面に何層にも塗り重ねた漆を刀で彫ってレリーフ状に文様を表す漆工技法)の1種で、中国漆器を代表する技法となっています。

漆を何層にも重ねる点、通常は硬くて彫刻が困難とされる漆を用いながら精緻な彫刻に表現を行う点から高い技術と膨大な時間がかかるため、堆朱の漆器は価値が高くなっています。

買取市場においても人気の高い漆器の種類です。

沈金(ちんきん)

「沈金」とは、漆面に対して刃物で文様を彫り、この痕に金箔や金粉を押し込むことで文様を表現する技法です。

沈金刀と呼ばれる特殊な刃物を使うことで細かな線を描くことも可能となり、漆器の技法の中でも繊細な表現に優れた技法と言えます。

沈金は会津塗や輪島塗といった有名産地ものの漆器でもよく使われる技法であり、人間国宝の前史雄(まえふみお 1940-)といった有名な技術者も存在します。

そういった有名産地ものや有名作家ものを中心に、買取市場でも高く買取されやすい種類です。


漆器の買取相場はどれくらい?

漆器の買取相場はどれくらい?

骨董品買取市場における漆器の買取相場はどれくらいになるでしょうか。

漆器に限らずですが、伝統的な工芸品、とくに有名産地ものや有名作家ものなどの職人による一点物の作品について「買取相場はこれくらい」と一概に言うのは難しいものがあります。

実際の買取市場での取引でも漆器の買取金額の幅は非常に広くなっており、お持ちの作品の価値を正確に知りたければ、骨董品専門の買取業者に見てもらうほかはないでしょう。

しかしながら、「有名作家の作品である」「高い技術を要する技法が使われている」「保存状態が良い」など、高く買取される漆器にはある程度の傾向があります。

例えば「人間国宝などの有名作家で美しい蒔絵が施されており、傷などもなく保存状態が良い」といった条件であれば、高いもので100万円前後の買取相場になるでしょう。

ただし、作品の保存状態などによっても買取価格は変動するなど、実際の買取価格はこの限りでない場合があります。

ご紹介した買取相場はあくまで参考程度と捉え、詳しくは骨董品専門の買取業者に相談するのがおすすめです。

骨董品バナー
骨董品バナー

高く売れやすい漆器の特徴

高く売れやすい漆器の特徴

用途や技法などによって様々な種類があり、バリエーションも豊富な漆器ですが、買取市場において高く売れやすい漆器にはある程度決まった特徴があります。

その中でも主な特徴をご紹介しますので、お持ちの漆器に当てはまるか確認してみてください。

・有名産地もの
・有名作家もの
・天然素材のもの

これらに当てはまる漆器をお持ちの場合には高額買取の可能性もありますので、1度試しに査定に出してみても良いかもしれません。

有名産地もの

日本には、各地にそれぞれのご当地で作られ有名な漆器があります。

中でも人気が高いのは、福島県の「会津漆器」、石川県の「輪島塗」「山中漆器」、和歌山県の「紀州漆器」などです。

それぞれの簡単な特徴は以下の通りです。


・「会津漆器」…塗り職人が何工程も繰り返し、ムラのない地塗りを行います。仕上げに蒔絵や沈金を行い、黒や朱の地塗りに美しい装飾が加えられます。

・「輪島塗」…上塗り前に生漆と米糊を混ぜたもので布を貼って補強するという特徴的な工程があります。下地を何層にも厚く施して「丈夫さ」に重きをおいて作られる漆器です。

・「山中漆器」…木目を生かして仕上げる拭き漆(ふきうるし)技法が特徴で、挽物木地の中では質・量ともにトップクラスと言われています。

・「紀州漆器」…シンプルで丈夫な漆器のため実用的で、朱塗りの下から黒漆が浮き出ているのが特徴です。


これらの有名産地ものの漆器は買取市場においても人気が高く、高く買い取ってもらいやすいでしょう。

他に、飛騨春慶塗・琉球漆器・浄法寺塗・鎌倉彫・村上堆朱彫なども名産地で作られる人気の漆器です。

有名作家もの

有名産地以外にも、有名作家が手掛けた漆器は買取額が高くなりやすいです。

特に高く買取されやすい作家には、以下のような人物がいます。

室瀬和美赤地友哉北大路魯山人中村宗哲
清瀬一光大場松魚一后一兆村瀬治兵衛
音丸耕堂柳澤一抱大西忠夫田村一舟

中でも室瀬和美や赤地友哉など、人間国宝に認定されている作家の作品は高額買取が期待できます。

作家ものかどうかは、作品または共箱(作品が納められている桐箱)に作家名が記載されていることがあるので、確認しておくと良いでしょう。

また、記載がなく作家ものかどうか分からない場合は、骨董品専門の買取業者に見てもらうことで、作家名が発覚することがあります。

天然素材のもの

漆器の素材には、木のほかにもプラスチックなどが用いられる場合があります。

しかし、買取市場で価値が高いのは天然木を使用した木製の漆器です。

漆器に用いられる天然木には、欅(けやき)・水目桜(みずめざくら)・栃(とち)・桂(かつら)などがあります。

また、漆器に使用される塗料にもウレタンと天然漆があります。

漆の質感を表現した合成塗料であるウレタンは、安価で手に入れられる漆器に用いられます。

天然漆は漆の木の樹液を原料にした天然塗料で、耐酸性・耐水性に優れています。

そのため、ウレタンよりも天然漆で塗られた漆器の方が高級品とされます。

したがって、天然木製の漆器の中でも、天然漆が塗られているものは、より高い価格での買取が期待できると考えられます。


漆器を売るなら骨董品専門の買取業者がおすすめ

漆器を売るなら骨董品専門の買取業者がおすすめ

漆器の正しい価値を判定するためには、以下のようなポイントを正しく見極めなければなりません。

・作家
・産地
・使われている技法
・制作年代
・保存状態
・買取市場での需要

骨董品に関する高い専門知識と査定技術を持った鑑定士でなければ、適正な買取価格は算出できないでしょう。

そのため漆器を買取に出すなら、骨董品を専門に扱う買取業者を利用するのがおすすめです。

骨董品専門の買取業者であれば漆器の専門知識を持った査定スタッフが在籍しているはずですから、お持ちの作品についても正しい価値を見極めてもらえるでしょう。

一方、総合リサイクルショップなどでも漆の食器などの買取に対応しているところはありますが、骨董品の専門知識を持ったスタッフがいる可能性は低く、価値を見誤られてしまう恐れがあります。

お持ちの漆器を本来の価値に見合った価格で買取してほしいと思うなら、まずは骨董品専門の買取業者に査定を依頼してみましょう。

出張買取サービスを選べる業者はさらにおすすめ

骨董品専門の買取業者の中でも、買取方法として「出張買取」を選ぶことができる業者であれば、さらにおすすめです。

出張買取サービスとは、買取業者の査定員が利用者の自宅等までおもむき、その場で査定・買取を行う買取方法です。

利用者は家から出ることなく買取を終えられるので、非常に便利なサービスと言えます。

漆器でも大きい作品を買取店まで持ち運ぶのは手間がかかりますし、もし持ち運ぶ途中で装飾部分などに傷がついてしまえば買取価格を大きく下げてしまうリスクもあります。

しかし出張買取では品物を家から持ち出さずに査定してもらえるので、買取店の店頭での買取に比べて、利用者は手間なく安全に買取に出せます。

特にサイズが大きい漆器や繊細な装飾の施された漆器、大量の漆器の買取を検討している方は、出張買取サービスを提供している買取業者を選ぶと良いでしょう。

漆器をより高く売るためのポイントとは?

漆器をより高く売るためのポイントとは?

漆器には実用的な側面ももちろんありますが、買取市場では骨董品コレクターからの観賞用やコレクションとしての高い需要があります。

そのように価値のある漆器をせっかく買取に出すのなら、より高く売りたいと考えるのは当然です。

ここでは、漆器を少しでも高く売るために知っておきたい3つのポイントをご紹介します。


・付属品を揃えておく
・保存状態を良く保っておく
・なるべく早く売る

付属品を揃えておく

漆器には、鑑定書や箱などの付属品が付いていることがあります。

特に作家物の場合は、作家名・作品名が記された証明書や、サインや落款入りの共箱(作品を収めるための木箱)があると本物である証になります。

これらの付属品は本物の信頼であるとともに、骨董品コレクターにとっては重要な付属品です。

そのため次の買い手からの需要が高まり、買取額も高くなりやすいのです。

また、本体だけでなく付属品の状態も綺麗である方が査定評価が高くなることがあります。

付属品は査定に出すまで大事に保管しておき、査定当日には揃えておきましょう。

保存状態を良く保っておく

漆器の買取価格を大きく左右する要素の1つとして、作品の保存状態があります。

傷がある、デザインが欠けている、変形しているなど保存状態が良くないと、買取価格は下げってしまう可能性が高いでしょう。

傷がつかないように慎重に扱い、使わないときは箱に入れて保管しておくのが良いでしょう。

また、価値の高い漆器の多くは天然木で出来ているため、高温や多湿の環境に長い期間置かれていることで変形してしまう場合があります。

保管場所には、直射日光を避けられて風通しの良い場所を選ぶのがおすすめです。

なるべく早く売る

漆器の買取では保存状態は非常に重要でした。

状態を損ねないように保管方法を工夫することは重要なのですが、天然の素材で出来ている漆器の場合、気を付けていても経年劣化を完全に避けるのは難しいものがあります。

そのため、漆器を売ると決めたらなるべく早く売るというのも、なるべく良い条件で漆器を売るための1つのコツだと言えるでしょう。

骨董品バナー
骨董品バナー

漆器買取でよくある質問:Q&A

漆器買取でよくある質問:Q&A

漆器などの骨董品の買取には分かりにくい部分もあり、特に初めて利用する人にとっては疑問はつきものでしょう。

ここでは、漆器買取においてよくある質問をまとめ、それぞれ解説していきます。

汚れている漆器でも買い取ってもらえますか?

漆器は汚れや傷が見られるなど保存状態が悪いほど、買取価格が下がる傾向にあります。

ただし、汚れや傷があるからといって買取してもらえないとは限りません。

有名産地ものや有名作家ものなどの価値の高い作品であれば、汚れや傷があっても買取してもらえる可能性は十分にあります。

保存状態が悪くても、諦める前にまずは骨董品専門の買取業者に査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

作家が分からない漆器でも見てもらえますか?

鑑定書や共箱が無かったりすると、漆器の作者が分からないというケースはよくあります。

そんな場合でも、査定に出すのに遠慮する必要は全くありません。

骨董品専門の買取業者であれば漆器に関する専門知識を持った査定員がいるはずですから、少ない情報からでもしっかりと価値を見極めてくれるでしょう。

もっと言えば、査定に出したことによって作者が発覚するような場合もあります。

「無名作品だと思っていたものが思わぬ人気作家の作品だった」というようなことも起こり得ますので、詳細が分からない漆器もまずは試しに査定に出してみることをおすすめします。

なおその際、いつどこで入手したものなのかなど、分かる限りの情報だけでも査定員に伝えてあげると査定がスムーズになります。

高く売れにくい漆器の特徴はありますか?

プラスチック製のものや、天然漆ではなくウレタン塗料が塗られているものは買取市場における需要が少なく、買取金額がつかないことも多いかもしれません。

また、絵や柄のない無地の漆器、制作年代が新しい漆器なども、買取価格は比較的安くなりやすいでしょう。

そのほか、大きな傷や欠損がある作品は買取してもらえないことも多いです。

とはいえ、ここに挙げた条件に当てはまるからといって「必ず買取不可」というわけではありません。

試しに骨董品専門の買取業者に相談してみる価値はあるでしょう。

そもそも漆器かどうか分からなくても見てもらえますか?

詳しくない人の場合には、「そもそも漆器かどうか分からない」という場合もあるでしょう。

そんな場合でも、骨董品専門の買取業者であれば査定自体を断るということはまずありませんから、気軽に査定を依頼して大丈夫です。

「査定を受けてみると思わぬ価値がある品物だった」なんていうこともあるかもしれませんよ。

試しに査定を依頼する際には、査定料やキャンセル料などの各種手数料を無料にしている買取業者を選ぶと安心です。

バイセルで買取対象となる
骨董品の種類

バイセルでは、象牙・剥製を除く以下の骨董品を買取・査定対象としています。

骨董品の買取や処分でお困りでしたら、バイセルまでお気軽に査定をご依頼ください。

「骨董品の価値が判断できない」「買い取ってもらえるか分からない」とお悩みの場合は、査定だけでも承ります。

バイセルでは以下の骨董品を買取対象としておりますので、当てはまるものをお持ちでしたら是非ともご連絡ください!

もちろん、こちらに掲載していない骨董品でも査定させていただきます。親切・丁寧に回答いたしますので、安心してご相談ください。

※上記はあくまでも一例となります。リストに記載のない骨董品もお買取させていただける場合がございますので、詳細はお問い合わせください。

骨董品買取エリア

日本全国からのお申し込みに
対応しています

※季節事情または地域により出張査定や最短で即日での対応が難しい場合もございます。ご不明な点はコールセンターまでお気軽にお問い合わせください。


まずは無料査定しませんか?

お問合せ・ご相談はこちら

0120-542-668

24時間365日受付中・携帯からも通話料無料

※査定のご予約は、コールセンターにて承ります。
※お問い合わせ状況によっては担当者からのお電話まで数日かかる場合がございます。
※査定をお急ぎの場合は大変お手数ですが、無料受付窓口までお電話いただきますよう、よろしくお願いいたします。
※買取をご希望の場合、法に基づき「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」「外国人登録証」などのご本人確認書類を査定員にご提示ください。
※未成年者からの買取はできません。

お申し込み

電話電話で無料相談はこちら

フリーダイヤル0120-542-668

24時間受付中・土日祝もOK
携帯・スマホも通話料無料

※おかけ間違いが増えております。お問い合わせの際は今一度ご確認をお願いします。

ウェブフォーム最短20秒の簡単入力!

お気軽にメールでご連絡ください

選べる買取方法

骨董品の種類

買取対象品目

骨董品買取エリア